うどんとご飯はどっちが太る?カロリーと糖質を比較してダイエット向きなのは?

季節・イベント
スポンサーリンク

ダイエットはしたいけど、主食の糖質は必要な栄養素ですよね。

 

 

特に日々の食生活に欠かせないうどんとご飯。どちらが太るのでしょうか?カロリーや糖質の違いも気になりますよね。

 

 

ですから今回は、うどんとご飯はどっちが太る?カロリーと糖質を比較してダイエット向きなのはどちらかについてご紹介します。

 

スポンサーリンク

うどんとご飯はどっちが太る?

うどんとご飯は実はどちらも太りやすい主食になります。

 

 

理由としては、GI値が他の主食に比べて高い傾向にあるからです。ごはんの方がカロリーや糖質でみるとやや多いので、ごはんの方が太ると思いがちです。しかし、太るかどうかは食後に血糖値がどのくらい上昇するかが関わってきます。

 

 

具体的に説明すると、血糖値が急上昇すると、インシュリンという物質が多く分泌されます。このインシュリンは、糖質を脂肪に変える働きをするので、身体に吸収されてしまいます。

 

 

この血糖値がどれぐらいのスピードで上昇するかを表したものをGI値といい、この数値が高い方が吸収されやすいということになりますね。

 

 

一般的に

高GI食品 70以上
中GI食品 56~69
低GI食品 55以下

と定義されています。

 

 

では、ごはんとうどんのGI値を比べて見ると、

・ごはん(白米)→81
・うどん→79

ごはんの方が少し高いですが、それほど違いはありませんね。そして、この数値は他の主食に比べて高い方になるんですよ。

 

 

つまり、ごはんもうどんもダイエット向きな主食ではないという結論になります。ですからご飯とうどんどっちが太るのか?という悩みに関しては、どちらも同じくらいで、主食の中でも2つとも太りやすいものになりますね。

 

スポンサーリンク

ご飯とうどんのカロリーと糖質は?

ご飯とうどんは同じ分量でみると、カロリーも糖質もごはんの方がやや高いですね。

 

 

カロリーで比べていきましょう。

・ご飯(白米)は100gで156kcal 一食はお茶碗一杯分平均150gで234kcal
・ゆでうどん100gで105kcal 
一食は平均ひと玉なので250gで263kcal

100gという同じ分量で見るとカロリーはごはんの方が多いですが、一食に食べる平均量で見ると、ゆでうどんの方がやや多めですね。

 

 

では、次に糖質の量で比べていきましょう。糖質とは、炭水化物から食物繊維を取り除いたもので、体を動かすエネルギーになります。

・ご飯100gの糖質は、35.6g お茶碗一杯分150gでは53.4g
・ゆでうどん100gの糖質は20.8g
ひと玉250gでは52g

 

一食の平均量で見るとあまり変わりませんが、100gの同量で見ると糖質もごはんの方が多いですね。特にご飯を1回にお茶碗大盛り(200g)食べている人はよりカロリーや糖質が多くなりますので、注意が必要ですね。

スポンサーリンク

ダイエット向きな主食は?

ダイエット向きな主食としては、玄米、そば、全粒粉パン、発芽玄米になります。

 

 

理由としては、GI値が低い主食になるからです。

 

 

では、具体的におもな主食のGI値を挙げてみます。

・全粒粉パン 49
・発芽玄米 54
・玄米 55
・そば 58
・パスタ 65
・そうめん 67
・ラーメン 72
ごはん(白米) 81
うどん 79
・食パン 90
・フランスパン 92

 

>>主食以外の主な食品のGI値はこちらから

 

そばはうどんと同じようなものかなと思いやすいですが、意外にもGI値は低いですね。よって、うどんやご飯よりもGI値が低い方がよりダイエット向きな主食になります。

 

ダイエット向きな食べ方や順番は?

実はダイエットには食べるものも大切ですが、食べる順番や食べ方も影響します。

 

 

なぜかというと、全ての栄養素をバランスよく食べることで足りないものを補い合い、相互作用が生まれてより太りにくくなるからです。GI値が低い主食を食べることが大切だということは分かりましたが、これだけになると栄養が偏ってしまいますよね。

 

 

具体例を挙げるとすると

・きのこや海藻など食物繊維の多いものから食べる(血糖値の上昇がゆるやかになる)
・野菜や海藻類をたくさん摂る
・汁物を摂る
・よく噛んで食べる
・食べる量を腹八分目にする
・タンパク質もしっかり摂る
・糖質は抜かない(体を動かすエネルギーがなくなってしまうため)
・カロリーの高いものは控える

 

また、低糖質なうどんや白米をGI値が低い玄米や雑穀米に変えるのもオススメの方法ですよ。特に白米に混ぜて炊くだけのものが手軽に始めることができますね。

 

これらのことがポイントになりますよ。どれも無理なく出来そうなことばかりですね。

 

 

うどんとごはんは一見太りにくそうですが、脂肪として吸収されやすい食品です。どちらの方が太りやすいかと言われると、かすかにご飯の方がGI値は高いですが、大差なくどちらもダイエット向きではありません。

 

 

ですからダイエットには、GI値の低い食品を選びましょう。またバランスの良い栄養素をとり、食べる順番を気をつけたり、よく噛んだりしながら、健康的な食事を摂るようにしましょう。

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました