ご飯100g・150gカロリーは?200gは食べすぎて太る?

季節・イベント
スポンサーリンク

ごはん(白米)って毎日食べていますが、どのくらい食べるのが適切なのか気になりますよね? 

 

 

また、ご飯のカロリーやどれくらい食べると太るものなのでしょうか。食事制限やカロリーを気にされる方も多いでしょう。

 

 

ですから今回は、ご飯100g・150gカロリーは?200gは食べすぎて太るのか?についてご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

ご飯100g・150g・200gのカロリーは?

・ご飯100gのカロリーは168kcal
・ご飯150g(お茶碗1杯)のカロリーは252kcal
・ご飯200~250g(お茶碗大盛り)のカロリーは200gで336kcal、250gで450kcal
になります。

 

 

ちなみにお米1合分のご飯は約320gで、茶碗2杯分がとれることになりますよ。

スポンサーリンク

ごはんは1日どれぐらいの量食べるのがいいの?

1日あたりのごはんの摂取量は、約500gが良いですね。

画像引用元 delish kitchen

 

具体的には、ごはん500gは780kcalで、1日の摂取カロリーを1700kcalとすると、ごはん500gは摂取カロリーの約45%にあたります。

 

 

つまり、一日3食ごはんを食べるなら、1食お茶碗に軽く1杯が良いということになります。

 

スポンサーリンク

ごはん1回に200gは食べ過ぎて太るの?

女性にとって1食でごはん200gは多め、男性でもやや多めになります。   

 

 

理由としては、男女共に1日の摂取カロリーの1食分より多い量になってしまうからです。おかずとのバランスを考えると、1食200gだとオーバーしやすくなってしまいます。

 

具体的な数値でいうと、

成人女性の一日の平均摂取カロリーは1400〜2000kcal
成人男性の一日の平均摂取カロリーは2200〜2400kcal

になります。

 

 

成人女性のカロリーで考えると、1食あたり2000÷3=666kcalですね。ご飯200gあたり336kcalなので、666kcal-336kcal=おかずだけで330kcalになります。

 

 

ちなみに豚のしょうが焼き1人分のカロリーは約340kcalなので、これだけでオーバー気味になってしまいますね。サラダやお味噌汁なども考慮するとカロリーはもっと高くなってしまいます。

 

 

したがって、ごはんの量は1日の摂取カロリーによって調整し、ごはんは1食あたり200g以下になるようにするのがベストですね。

 

ごはんは太りやすいの?

ごはんは糖質が少ないわけではないですが、食後の血糖値が上がりにくいので、太りにくい糖質になります。

 

 

なぜなら、糖質は身体を動かすエネルギーになりますが、エネルギー源として使用しない分は、脂肪として蓄積されるからです。

 

具体的にはパンと比べると、はるかに脂肪がたまりにくく、玄米ならさらに吸収されにくいです。

 

 

よって他の糖質の中では、ごはんは太りにくいと言えますね。

 

 

ダイエットには糖質抜きが良いの?

普段から糖質をたくさん摂っている方は、糖質を減らすとダイエットには効果的です。でも、完全に糖質抜きは危険です。

 

理由としては、身体や脳がエネルギー不足になり

・イライラ
・ふらふら
・疲れやすくなる
・精神不安定になる
・集中力が低下したりする
・太りやすくなる

など身体に様々な支障がでてきます。

 

具体的には

・炭水化物の中でも糖質の多いパンや麺類を控える
・ごはんの量を半分にしてみる
・サラダや汁物を多く摂ってみる
・デザートは糖質制限にしてみる
・ごはんを穀物入りや玄米に変えてみる

などしてみると有効ですよ。

 

 

過度な糖質抜きはせず、適度にとるのが大事です。無理しすぎずに、出来るところから始めてみて下さいね。

 

ごはんのおすすめなところは?

ご飯のおすすめポイントとしては、

・腹持ちがよく、少ない量で満腹感を得やすい
・タンパク質も豊富で体に必要な必須アミノ酸が含まれている
・食物繊維が多く便秘解消に効果がある
・腸内環境を整える役割がある
・お肌の調子も整える効果がある
・ビタミンB1、B2、Eが含まれている
・脳細胞の働きが活発になって頭が良くなる
・和食・洋食・中華など様々なおかずと合う
・ごはんには塩分や添加物が入っていない
・ご飯だとよく噛むので、顎が育って、将来の歯並びやお口の環境に◎

こんなにもたくさんの利点があります。

 

 

ごはんは、カロリーが低いわけではないですが、血糖値が上がりにくく、腹持ちも良いのが特徴です。糖質は身体には必要な栄養素であるため、糖質抜きは考えずに欠かさずとるようにはしましょう。

 

 

お茶碗一杯のカロリーが分かっていると摂取カロリーが計算しやすいですね。糖質の中ではごはんが一番太りにくいので、また栄養素もバランスよく含まれているので量を調節して、身体に無理なくダイエットしたいですね。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました