【バレンタイン】職場であげるのは迷惑?渡さない会社もある!

季節・イベント
スポンサーリンク

2月14日といえばバレンタインですね。職場では、男性陣に感謝の気持ちを込めてチョコを配る場合もありますよね。

 

 

今回はバレンタインの日に職場の人にチョコやプレゼントをあげるのは迷惑なのか?渡さない・あげない会社もあるのかについてご紹介します。

 

スポンサーリンク

バレンタインに職場の人に義理チョコをあげるのは迷惑?

日頃の感謝の気持ちを込めて義理チョコなどを渡すのは、迷惑ではなくむしろ嬉しいと思っている男性が多いです。

 

なぜなら、職場で少しでも自分のことを気にかけてくれているのが素直に嬉しいですし、バレンタインというイベントごとで貰えないのは寂しく感じてしまうからです。

 

具体的には

もらえないと寂しいので、もらえると安堵感もある。

 

義理であってももらえるだけでうれしいものである。

 

なんだかんだ気にかけていただいている優しさがいい。

 

このように好意的に受け止めている意見が多かったです。職場で義理チョコでも貰えたら嬉しいですか?というアンケートでは、302件回答があった中、嬉しいと答えた方が51%でした。

マイナビウーマンより引用

 

仕事のお供や旅のお土産として職場でお菓子を配られることがありますよね。その延長線上でバレンタインに感謝の気持ちを込めて義理チョコを渡せば、嫌な気分になる人はいないです。

 

スポンサーリンク

義理チョコをあげるのが迷惑になる場合もある?

逆にバレンタインに職場で義理チョコをもらうと迷惑、嬉しくないと思う人が一定数いるのも事実です。

 

その理由としては、お返しを考えるのが面倒であったり、甘い物が苦手なので貰っても食べられなかったりするからです。

 

具体的なアンケート結果では、

甘いものを好んで食べないので、義理チョコならいらない。

 

 

既婚でチョコをもらってくると、お返しを用意するのは私の役目なので欲しくないです。 そして、連名で用意されてもお返しは一人ひとりになるので、 出来ることなら義理なんて用意しないで欲しいです。 しかも、酒も飲めない旦那にウィスキーボンボンなんて貰った日には明らかにお返し目当てだろうな~って思います…。

 

お返しにもっといいのくださいって感じが嫌。義理でチョコをもらってもうれしくない。

 

 

甘い物が嫌いな男性もいるので、そのあたりは配り方にも気を遣いますね。また、ホワイトデーでは一般的に男性側が3倍返しと言われているので、金銭的な負担が大きくなってしまうのも事実です。

 

スポンサーリンク

バレンタインに職場で義理チョコを渡さない会社もある?

バレンタインに職場で義理チョコを渡さない、または禁止している会社も増えています。

 

理由としては、バレンタインに義理チョコをあげる側も貰う側も、少なからず精神的・金銭的な負担になっているからです。

 

具体的には、

女性が少ない部署もあり、変にお互いを気にしてしまうのも良くないので、職場で禁止されています。

 

 

職場で“お歳暮なども含めて控えるように”と言われています。

 

 

最高で30個以上貰った年があり、ホワイトデーのお返しは大変だった。 貰った義理チョコは300円程度、お返しはその10倍以上で(自分の年齢と立場上、それ位でないと格好つかない)迷惑だった。

 

女性と男性の人数比が違いすぎてもバランスがおかしくなってしまいますし、大企業や人数が多い部署だと貰う個数が多い分、お返しも大変になってしまいます。

 

バレンタインに職場で義理チョコを渡す場合の注意点は?

バレンタインに職場で義理チョコを渡す際に注意すべきことは個包装ではなく、様々なジャンルのお菓子を【どうぞご自由に】のスタイルで渡すことです。

 

なぜなら上記でも説明したように、甘い物が嫌いな人、お返しが面倒な人、バレンタインに乗り気でない人…様々な状況があるからです。

 

この方式の具体的に良いところは、甘い物が苦手な人でもお煎餅など選択肢があり、食べたい物を自分で選ぶ事が出来るところです。またお返しする際も、同じ方式なら部署の男性陣で割り勘をすることができるので個別にお返しをするよりも金銭的にも負担が少ないです。

 

 

せっかくの日頃の感謝を伝えることができる機会でもあるので、お互いの負担が少なくかつ楽しめると職場でもコミュニケーションも円滑になりますね。

 

 

バレンタインに職場で義理チョコを渡さない場合の注意点は?

バレンタインに職場で義理チョコを渡さない場合の注意点は【渡さないことをきちんと統一する】ことです。

 

会社で義理チョコを渡すことが禁止されていれば良いのですが、部署の女性陣や全体を含めて渡さない流れになった時にきちんと全員に情報共有をしないとチグハグな対応になってしまうからです。

 

特に女性はそのような状況を嫌いますし、1人だけ男性陣に義理チョコをあげる=抜け駆け・ずるいと思う人もいます。また1人だけであげてしまうと他の人の面子が潰れてしまいます。今年度から渡さないと決めたなら、部署や周りの女性陣にきちんとその旨を報告しましょう。

 

バレンタインに職場の人に義理チョコをあげる=日頃の感謝のしるしなので、その行事がなくなる分、普段からちょっとした会話でコミュニケーションを取っていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました