【就職祝い】甥・姪への金額相場はいくら?渡す時期とのし袋の選び方

季節・イベント
スポンサーリンク

かわいがっている甥っ子や姪っ子が希望の企業から内定を勝ち取ったとき、「就職祝い」を送ってあげたいですよね。

 

 

入学祝いや卒業祝いにも相場がありますが、実は「就職祝い」にも相場があります。

 

 

 

結婚祝いなどと異なり、意外と知らない「就職祝い」の相場金額や、渡す時期・のし袋の選び方について紹介していきます。

 

 

 

スポンサーリンク

【就職祝い】甥・姪への相場金額はいくら?

甥・姪への就職祝いの金額相場は1万円〜3万円になります。

 

 

ある程度大きくなった甥・姪にあげるお年玉に近い相場金額ですね。この金額の理由としては、まだ社会人になる前なので、学生にあげる金額がベストだからです。血縁関係が近いほど金額は増える傾向にあります。

 

 

しかし、あまりに高価なプレゼントはNGです。相手に気を使わせてしまうので、相場は押さえておきましょう。

 

また、【就職祝い】は基本的に親族以外には送りません。その親戚も3親等以内というのが一般的です。親戚間の交流も多いでしょうから、金額に差をつけて嫌な雰囲気にならないよう注意が必要です。

 

 

具体例として、「A君はかわいがっているから3万円、Bちゃんはよく知らないから1万円」など金額に差をつけることはやめましょう。身内同士の交流で、どこで話がされるかはわかりません。なので後々トラブルにならないように男女で区別はせず、親等ごとに金額を決めておくのが良いでしょう。

 

 

こうすることで後日金額について何か言われた際に、親等ごとに金額を決めていると説明することができます。

スポンサーリンク

甥・姪への就職祝いにお薦めのプレゼントは?

甥・姪への就職祝いは現金を贈るのも良いですが、特に可愛がっている甥・姪には、現金と合わせてプレゼントを渡すのもいいでしょう。

 

 

なぜなら新社会人として会社で役に立つアイテムが必要になるからです。オフィスグッズや身だしなみを整えるアイテムを選べば新生活の役に立ちますし、喜ばれます。

 

就職祝いにお勧めのプレゼントをいくつかご紹介します。

男性(甥)
・ボールペン
・キーケース
・腕時計
・名刺入れ
・財布
女性 (姪)
・文房具
ハンカチ
・美容コスメ
・アクセサリー 

 

 

相手の好みがわからない場合はシンプルな色味で黒やグレー、白などを選ぶのがベターです。なぜならフォーマルとしても使えるのでお勧めですよ。

 

スポンサーリンク

甥・姪に就職祝いを渡す時期

甥・姪への就職祝いは可能な限り早く渡しましょう。内定が出てからも就活を続ける場合もあるので一概には言えませんが、遅くとも入社日の2週間前、できれば1か月くらい前をめどに渡すのがベストです。

 

 

理由としては、就職祝いは入社までの準備として必要な物を揃えるために渡すものだからです。受け取る側も早くもらったほうが何かとうれしいでしょう。

 

もし甥・姪に就職祝いを渡すのを忘れてしまったら?

甥・姪が遠方の場合など、うっかり就職祝いを忘れてしまったらどうすればいいでしょうか。渡しそびれたことに気が付いたら、『遅ればせながら』など一言添えることを忘れずに、できるだけ早く就職祝いを渡しましょう。たとえ渡す時期が遅くなっても、あなたの気持ちは伝わるはずです。

 

【甥・姪への就職祝い】のし袋の選び方について

のし袋の水引は【蝶結び】【結び切り】どちらでも構いません。就職祝いは慶事ですので、紅白の物、のし付きの物を選びましょう。

 

 

表書きには上段に「御就職祝」、下段に「贈る側の名前」を書くのが一般的です。毛筆か筆ペンで丁寧にはっきりと書きましょう。

 

詳しくはこちらをご覧下さい。

就職祝いのお返しは必要?

就職祝いは人生の節目を祝うものなので、就職祝いにお返しは不要です。

 

 

しかしながらできるだけ早くお礼状を渡し、感謝を伝えるようにしましょう。新社会人としての門出を祝ってもらったのですから、甥や姪など親戚の間柄であっても、しっかりと感謝の気持ちを伝え、一通りのマナーは押さえておきましょう。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました