入学祝いのご祝儀袋は水引なしでもOK?書き方・入れ方について

季節・イベント
スポンサーリンク

4月といえば入学シーズンですね。

 

お孫さんや親戚の子に入学祝いを渡すという方も多いのではないでしょうか。

 

入学祝いを包む際に、下記のような悩みが挙げられます。

・封筒(ご祝儀袋)はどんなものが良いのか?
・ご祝儀袋は水引なしでもOKなのか?
・入学祝いのご祝儀袋の名前の書き方について
・お札の正しい入れ方について

 

今回は入学祝いのご祝儀袋は水引なしでもOKなのか?ご祝儀袋の書き方やお札の入れ方についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

入学祝いのご祝儀袋はどれが良い?

入学祝いのご祝儀袋は、紅白で蝶結びの水引がついたものを選びましょう。

 

なぜなら紅白には【おめでたい・お祝い】、蝶結びには【何度繰り返しても良いお祝い事】という意味があり、入学祝いに適しているからです。

 

【水引】とはご祝儀袋についている飾りひものことです。こちらの画像が【紅白】で【蝶結びの水引】がついたものです。

 

 

久原本家より一部抜粋

 

入学式や卒業式などのお子さんにまつわるお祝いは何度あっても良い事なので、入学式のお祝いを包む封筒は、紅白で蝶結びのご祝儀袋を使いましょう。

 

スポンサーリンク

入学祝いのご祝儀袋は水引なしでもOK?

入学祝いとして包むのが3万円程度で、贈る相手と親しい関係であれば、水引なしのご祝儀袋を使ってもマナー違反ではありません。

 

包む金額が少ないのに水引のご祝儀袋を使うとお堅いイメージになってしまうからです。

 

最近では、水引なしの可愛いデザインのご祝儀袋でお祝いを贈る方が増えていますので、そのようなご祝儀袋も是非チェックしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

入学祝いのご祝儀袋の書き方は?【表書き】

入学祝いのご祝儀袋の表書きについては、毛筆や筆ペンで水引の上の段に【入学御祝】や【祝御入学】と書きましょう。水引の下の段については苗字でもフルネームでもどちらでもOKです。

 

ご祝儀袋に記入する際は、ボールペンや鉛筆で記入するのはNGです。なぜかというと、このようなお祝いのご祝儀袋は丁寧に手間をかけて準備をすることで、この時(=入学)を待ちわびていた、または祝福の気持ちを表しているからです。

 

具体的には、お祝い事でご祝儀を包む際は

・ご祝儀袋の購入
・新札の準備
・毛筆で丁寧に一字一字記入をする

などの準備をします。

 

しかしながら、このような祝時に

・普通の茶封筒
・シワシワのお札
・ボールペンでささっと記入

 

上記のようなご祝儀を頂いたとしても嬉しくはないですよね。現在では筆ペンなど便利なものがありますが、昔は筆と墨を出して丁寧に書いていたでしょう。

 

また基本的なご祝儀袋の書き方のマナーとして、贈る相手が年上ならフルネームで書き、年下なら名字だけの記入でも構いません。入学祝いは入学するお子さんに贈るものなので苗字でもフルネームでもどちらでも大丈夫です。

 

もし贈る相手がよく知っていて、頻繁に会う・親しい関係であれば【入学おめでとう】など親しみを込めて書くもの良いでしょう。

 

入学祝いのご祝儀袋の書き方は?【中袋】

ご祝儀袋の中袋には漢数字で書くのが一般的ですが、カジュアルなご祝儀袋なら算用数字でも構いません。中袋の裏面には、基本的には縦書きで左下側の右側に住所、左側には自分の名前を書きましょう。

 

 

(漢数字表記の例)
1万円「壱萬円」 2万円「弐萬円」 3万円「参萬円」 5万円「伍萬円
6万円「六萬円」 7万円「七萬円」 8万円「八萬円」 10万円「拾萬円

 

Wanpi Magazineより画像を借用

 

最近では、おしゃれで可愛らしいご祝儀袋の種類が増えてきましたが、中袋(中包み)が付いていないものも販売されています。しかしながら正式には、ご祝儀袋は中袋(中包み)とセットでなければいけません。必ず2つ準備するようにしましょう。

 

入学祝いのご祝儀袋へのお金の入れ方は?

入学祝いのお金の入れ方については、何枚も入れるときは全て同じ向きに入れます。お金は表向きになるように、そして人物が上向きになるように入れてください。

 

またお札は新札にしてシワや折り目のない綺麗なお金を入れましょう。中袋をのし袋に戻すときは、上包みを先に折り、下包みを最後に折りましょう。

 

入学祝いはいつ渡すのが良い?

入学祝いは3月の初めから中旬に渡すのがベストです。

 

なぜなら、入学式が始まる前に準備すべきことが沢山ありお金がかかるからです。

 

また入学祝いはお子さんのためのお祝いですが、両親に渡すようにしましょう。

 

こちらの記事もオススメです。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました