七五三の写真はいつ撮ると安い?安く済ませるコツや節約方法は?

季節・イベント
スポンサーリンク

11月15日といえば七五三ですよね。

 

 

七五三のお参りは秋に行くけど、写真はいつ撮るんだろうか?安い時期はあるのか?など初めてだと分からないですよね。なるべく節約したいと考えている方も多いはず。

 

 

ですから今回は七五三の写真はいつ撮ると安い?安く済ませるコツや節約方法についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

七五三の写真はいつ撮ると安い?

多くの写真館では早割といって、4月〜6月ごろの早めの撮影がお得で安いことが多いです。また、早割第二弾(7月〜8月ごろ)のキャンペーンや後撮り(12月〜2月頃)も安く撮れるのでオススメですよ。

 

理由としては、どうしても七五三=11月に混み合ってしまうことが多く、お店側としてもなるべく閑散期に来てほしいと考えているからです。

 

 

七五三の写真を撮るための割引情報は

★市の情報誌などに広告が入っている
出産した病院で、お宮参り・一歳のお誕生日などの写真撮影の割引券などをもらえる
→それを利用した時に、次の七五三の割引券をもらえたりすることもある

ネットだけでなく、このようなところにもありますよ。

 

また写真館のホームページで調べ、どこのお店のプランが安いか色々比べてみて下さい。大体、七五三プランは、衣装レンタル、着付け、ヘアメイクがお参りの日の分もセットになっていますよ。

 

後撮りに関しては、年賀状に写真を使いたい場合は、撮影時期的に間に合わないので注意しましょう。

 

早割を使えば、撮影代を安く済ませることができるだけでなく、予約が空いている状況で撮影ができるため、こどもがぐずったりしてもゆったりとした気持ちで挑むことができますよ。

 

スポンサーリンク

七五三の写真など節約する方法は?

七五三の写真などなるべく安く済ませるコツとしては、やはり衣装と撮影費用を抑えることが効果的です。

 

理由としては、七五三にかかる費用の中で圧倒的に写真撮影・衣装代が高いからです。

 

 

では、具体的な七五三にかかる費用の相場金額はどれくらいかというと

写真撮影代 平均1〜7万円
衣装のレンタル料 1〜3万円 (親もレンタルの場合は追加料金が発生)
着付け、ヘアメイク代 約5千円
初穂料 一般的に5千円〜1万円
食事代 1万〜3万円                      
参照元 スタジオアリスHP

写真撮影はプロに頼むので、素敵な写真が撮れることは間違いないのですが、衣装代も考慮するとかなり高くなりそうですよね…。

 

では、自分でもできそうな節約の方法を具体的にお伝えすると

①衣装は自分でレンタルする
写真館では衣装のレンタルも込みのセット価格ですが、持ち込みOKのところが多いですよ。そして、衣装はネットでレンタルすることが出来ます。意外と安いものがありますよ。
②衣装を購入する
兄弟が何人かいたり(男の子3兄弟など)、従兄弟同士でも回せたり、スーツにして何回か着る目的があったりすると、購入した方が安くなる場合もあります。最近では安くて質の良い衣装も、たくさん販売されています。
③自分で撮影する
写真館だと、スタジオのセットが素敵な作りですが、自宅でも背景を工夫したり、綺麗な景色の前で撮ったりするのもアリですよ。何枚でも撮れるのもメリットですね。
④お参りの日の食事代をおさえる
お参りの後に家族皆で食事に行くご家族が多く、おじいちゃんおばあちゃんも一緒のこともありますね。料亭などの食事も良いですが、和食さとに行ったり、美味しく楽しめる安めの食事でもこどもは大満足だったりしますよ。人数が増えると金額もそれなりにかかってしまいますからね。

 

 

こどもの大切なお祝い事だからと色々とお金をかけてあげたくなりますが、特に写真館は気が付いたらすごい金額になっていることがあります。七五三にかかる費用の平均をとると合計10万ぐらいはかかるでしょう。ですから、これらを少しでも節約して安く済ませたい方は上記のアイディアを参考にして下さいね。

 

スポンサーリンク

七五三の写真はいつ頃撮るもの?

いつ撮るかは決まっていませんが、写真館では4月ごろから撮影が始まっています。

 

お子さんの成長やご兄弟、ご家族の日程を考慮して早い方がゆったりとお得に撮影できるでしょう。

 

 

七五三の本格的なシーズンの秋は、かなり人気なので、予約を取るのが難しいでしょう。また、後撮りと言って、七五三参りの後に撮ることもあります。でもその場合着物などの貸衣装がレンタル出来ないこともあります。

 

 

写真館を利用して記念写真を撮る場合は、混む時期を避けて早めに情報収集し、お得なプランを見つけることが大事です。七五三のことは、早めに考え出す必要がありますね。

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました