【入学祝い】高校生の孫の金額相場はどれくらい?いつ誰に渡す?

季節・イベント
スポンサーリンク

高校入学は人生の節目。お孫さんにとっても当然ですが、祖父母にとってもお孫さんの成長を感じることができる大切なイベントですよね。

 

この時期は、そんなお孫さんに入学祝いを準備される方が多い時期ではないでしょうか。

 

 

今回はなかなか人に聞けない入学祝いを高校生の孫に渡す場合の金額の相場と、入学祝いはいつ誰に渡すべきか?をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

高校生の孫に渡す入学祝いの相場金額は?

高校生の孫に渡す入学祝いの金額は1万円〜5万円が相場になります。一方でかわいい孫の入学祝いなので奮発して5万円〜10万円という高額な金額を渡す方いれば、現金と合わせてお孫さんが欲しいものをプレゼントすることもあります。

 

 

高校生は自由に使えるお金が限られているので、【欲しいけれども自分では買えなくて手の届かないもの】があるからです。

 

 

具体的には、ブランド品や時計、高級な文房具などが挙げられます。中学の時とは違い、行動範囲も広がるので、財布や時計などを常に持ち歩くことが多いです。

 

 

お孫さんの高校入学祝いも人生で一度きりなので、無理のない範囲でお祝いの気持ちを伝えてあげられると良いですね。

 

スポンサーリンク

高校生の孫への入学祝いを渡す時期は?

高校生の孫への入学祝いは正式に入学先が決まった後の3月初旬から中旬までの間にできるだけ早く渡しましょう。

 

理由として、入学祝いは入学後の学校生活に役立ててほしいという意味合いで贈るものだからです。入学準備に必要なものを揃えるにはなるべく早い方が良いですね。

 

もちろんお孫さん本人のための物ですが【必要なものに使うお金】です。具体的には、制服、文房具など学校生活で使用するものであったり、入学金の一部として使われるかもしれません。どちらにしても入学前に必要性が高いですね。

 

万が一、卒業祝いと入学祝いが重なる場合は、入学祝いを優先し1度だけ送れば問題ありません。

 

スポンサーリンク

入学祝いは親と孫どちらに渡すべき?

高校生になるお孫さんへの入学祝いは、お孫さんがいる前でそのご両親に渡しましょう。

 

 

なぜかというと、現金となると高校生になりたてのお孫さんは、お年玉のような臨時収入と考えてしまう可能性があります。品物であればお孫さん本人に直接渡しても良いでしょう。

 

 

高校生にもなればお金の管理は自分でできると思われますが、まだまだ15歳の未成年です。直接本人に渡すのは、社会人になってからのほうがベターでしょう。

 

 

また注意すべきは、親から『おじいちゃんおばあちゃんから入学祝いをもらったよ』と口頭で伝えても、直接お礼を言う機会もないため、あまり関心を持たない場合があります。

 

 

なのでお孫さんの前で渡すことで、親がどんなお礼をしたか、自分がどう振舞うべきかを学ぶ機会ができます。これは将来自分が渡す立場になった時、この経験を生かすことができますね。

 

入学祝いの渡し方

入学祝いとして現金を渡す際、のし袋や包装をきちんと整えましょう。

 

基本的なのしの表書きは、上の段に「御入学祝」「祝御入学」「入学御祝」、下の段に自分のフルネームを書き入れます。

 

水引きは5本または7本の紅白蝶結びが一般的です。お祝い事の水引は「金銀」などほかの色の物もありますが、迷ったときは「紅白」を使えば問題ありません。

 

のし袋の選び方・表書きの書き方などは決まりごとが多く、意外とややこしいので、渡す際はマナー違反にならないようにしましょう。

 

詳しくはこちらをご覧下さい。

 

 

入学祝いは無事に入学できたことに対するお祝いですし、お孫さんが好きなものを何でも買ってほしいと思うのが祖父母の正直な気持ちです。ただ友達と遊ぶためやゲームなどに使われてしまうと本来の意味合いから離れてしまうことになりますから気を付けましょう。

 

 

かわいいお孫さんの成長は喜ばしいことです。高校生になるまで育ててきたご両親へのねぎらいの側面もありますね。どのような形でも祝意を表す気持ちが大切ですね。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました