高校入学祝い祖父母からの相場金額はいくら?いつ渡すのがベスト?

高校入学祝い祖父母からの相場金額はいくら?いつ渡すのがベスト? 季節・イベント
スポンサーリンク

高校入学は人生の節目。

お孫さんにとっても当然ですが、祖父母にとってもお孫さんの成長を感じることができる大切なイベントですよね。

この時期は、そんなお孫さんに高校入学祝いを準備される方が多い時期ではないでしょうか。

高校入学祝いの相場金額や渡す時期なども詳しく知りたいですよね。

ですから今回は、高校入学祝い祖父母からの相場金額はいくら?いつ渡すのがベスト?なのかをご紹介します。

スポンサーリンク

高校入学祝いを祖父母から渡す場合の相場金額はいくら?

高校生の孫に渡す入学祝いの金額は1万円〜5万円相場になります。

高校入学祝いを祖父母から渡す場合の相場金額

一方で、かわいい孫の入学祝いを奮発して5万円〜10万円という高額な金額を渡す方いれば、現金と合わせてお孫さんが欲しいものをプレゼントすることもあるようですね。

なぜかと言えば、高校生は自由に使えるお金がまだ限られているので、自分では買えなくて手の届かないものがあるからです。

具体的な例で言うと

・ブランド品
・時計
・財布
・スマホ

などが挙げられますね。

中学の時とは違い、行動範囲も広がるので財布や時計、スマホなどを常に持ち歩くことが多いですよね。

お孫さんの高校入学祝いも人生で一度きりなので、無理のない範囲でお祝いの気持ちを伝えてあげられると良いですね。

スポンサーリンク

高校入学祝いを渡す時期は?

高校入学祝いは正式に入学先が決まった後の3月初旬から中旬までの間にできるだけ早く渡しましょう。

3月初旬から中旬

理由として、入学祝いは入学後の学校生活に役立ててほしいという意味合いで贈るものだからです。

さらに入学準備に必要なものを揃えるには、なるべく早い方が良いですよね。

具体的には、制服、文房具など学校生活で使用するものであったり、入学金の一部として使われるかもしれません。

どちらにしても入学前に必要性が高いですね。

万が一、卒業祝いと入学祝いが重なる場合は、入学祝いを優先し1度だけ送れば問題ありませんよ。

ですから高校入学が決まったら、祖父母からの入学祝いはなるべく早めに渡すようにしましょう。

スポンサーリンク

高校入学祝いは親と孫どちらに渡すべき?

高校生になるお孫さんへの入学祝いは、お孫さんがいる前でそ両親に渡しましょう。

孫へ入学祝いを渡す

なぜかというと、現金となると高校生になりたてのお孫さんは、お年玉のような臨時収入と考えてしまう可能性があります。

品物であればお孫さん本人に直接渡しても良いでしょう。

高校生にもなればお金の管理は自分でできると思われますが、まだまだ15歳の未成年です。

入学祝いは無事に入学できたことに対するお祝いですし、お孫さんが好きなものを何でも買ってほしいと思うのが祖父母の正直な気持ちです。

ただ友達と遊ぶためやゲームなどに使われてしまうと本来の意味合いから離れてしまうことになりますから気を付けましょう。

ですから直接本人に渡すのは、社会人になってからのほうがベターでしょう。

また注意すべきは、親から『おじいちゃんおばあちゃんから入学祝いをもらったよ』と口頭で伝えても、直接お礼を言う機会もないため、あまり関心を持たない場合があります。

なのでお孫さんの前で渡すことで、親がどんなお礼をしたか、自分がどう振舞うべきかを学ぶ機会ができますね。

これは将来自分が渡す立場になった時、この経験を生かすことができますよ。

高校入学祝いの渡し方

高校入学祝いとして現金を渡す際、のし袋や包装をきちんと整えましょう。

基本的なのしの表書きは、

上の段に「御入学祝」「祝御入学」「入学御祝」
下の段に自分のフルネーム

書き入れます。

詳しくは入学祝いのご祝儀袋は水引なしでもOK?書き方・入れ方について解説しています。

のし袋の選び方・表書きの書き方などは決まりごとが多く、意外とややこしいので、渡す際はマナー違反にならないようにしましょう。

まとめ

こちらの記事のまとめになります。

・高校入学祝いを祖父母から渡す場合の相場金額は1〜5万円
・高校入学祝いを渡す時期は正式に入学先が決まった後の3月初旬から中旬までの間にできるだけ早く渡す
・高校入学祝いはできるだけ親に渡す
・高校入学祝いを現金で渡す場合はきちんとのし袋に入れて渡す
入学祝いは思い出が詰まっていて、大切にする方が多いようですね。
ですから、かわいいお孫さんの高校入学を祝って、どんな形でも良いのでお祝いをしてあげてください。
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました