小麦粉の代わりに米粉は使える?その違いや分量はそのままでOK?

小麦粉の代わりに米粉は使える?その違いや分量はそのままでOK? 季節・イベント
スポンサーリンク

ここ最近の物価上昇により、家庭でよく使う小麦粉も価格が高くなってしまいました。

そこで今注目されているのが米粉です。

米粉は小麦粉の代わりになるのか?どんな料理に使えるのか活用法を知りたいですよね。

ですから今回は、小麦粉の代わりに米粉は使えるのか?その違いや分量はそのままでOKかを詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

小麦粉の代わりに米粉は使える?

小麦粉の代わりに米粉は基本的には使うことができます

小麦粉の粉

その理由として、小麦粉と米粉は元の原材料は違いますが、どちらも細かく砕いて粉状にしていて形状が似ているからです。

小麦粉の代わりに米粉を使った料理としては、ホワイトソースとろみづけ唐揚げ天ぷら、ケーキなどのお菓子と幅広く使うことができます。

小麦粉をつけて揚げた天ぷら

小麦粉は価格が高騰してきているので、米粉を代用として使用する方が増えています。

揚げ物から普段のお料理に小麦粉を使っている方は代わりに米粉を使うことも可能ですよ。

さらに米粉は油の吸収率が低いので、からあげや天ぷらに使うと軽い衣に仕上がって、その分カロリーも低くなります。

米粉は無駄な油を吸わないので、時間がたってもべちゃっとならずサクサク感が長続きしますので、とても美味しいですよ。

スポンサーリンク

小麦粉と米粉の違いは?

小麦粉と米粉は似ているものの、少しだけ性質が違うところがあります。

ではその点について具体的に説明していきます。

原材料

文字通り、小麦粉は小麦を粉状にしたもので、米粉は米を細かく砕いて粉状にしたものです。

グルテンが含まれているか

グルテンになる成分が小麦粉には多く含まれているのに対し、米粉にはまったく含まれていません。

グルテンとは、小麦に含まれるタンパク質が絡み合ってできたもので、パンや麺類などの小麦加工品を作るうえで、弾力や膨張を助けるものです。

例えばパンやうどんの弾力はグルテンの働きによるものです。

ですから、米粉で作ったお菓子は小麦粉で作ったお菓子に比べて、弾力がなく膨らみにくくなります。

扱いやすさ

小麦粉は水に溶けにくくダマになりやすいですが、米粉は水に溶けやすくダマになりにくいです。

ですから米粉の方が扱いやすいと言えますね。

ですが、米粉は水に溶かしておくと米粉が底に沈んでしまうので、使う時には、再度よくかき混ぜてから使うようにしましょう。

食感

小麦粉と米粉では、食感にも大きな違いがあります。

小麦粉でホットケーキを作った場合は、ふんわりと柔らかい食感になるのに対して、米粉で作った場合は、モチモチ感やしっとりとした食べごたえのある食感になります。

カロリー

粉の状態では2つともカロリーは変わらず同じくらいですが、調理後は、米粉のほうがカロリーが低くなります。

それは、米粉のほうが、油の吸収率が低いからであると言われています。

スポンサーリンク

小麦粉の代わりに米粉を使う場合、分量はそのままでOK?

小麦粉の代わりに米粉を使う場合、分量は料理によってそのままでも良ければ、変えた方が良いケースもあります。

基本的に小麦粉と米粉は性質は似ていますが、お菓子作りなどに関しては逆の効果になってしまうなど料理によって仕上がりに差があるからです。

例えばお菓子を作る時、小麦粉の代わりに米粉を使う場合は、同じ分量の米粉をいれてしまうと、米粉のほうが重たい仕上がりになってしまいますし、ふくらみも悪くなってしまいます。

さらに小麦粉と比べて米粉のほうがパサつくため、同分量で作るのではなく1〜2割ほど米粉は減らして作るようにしたほうが良いでしょう

その際には、油と砂糖を少量足してあげてください。

一方で、からあげや天ぷらなど少量の小麦粉を使う料理の場合は、分量はそのままでも大丈夫です。

小麦粉を使うレシピで、そのままの分量で小麦粉を米粉に変えても、大きな失敗はなさそうですが、やはり、食感が変わってきてしまいます。

食感が変わってしまうのが嫌な方は、小麦粉の代わりに米粉を使うのはやめたほうが良さそうですね。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました