七夕の短冊の五色って何色?どんな意味?なぜ願い事を書くのか?

季節・イベント
スポンサーリンク

7月7日は七夕ですね。

 

 

七夕の日といえば、短冊に願い事を書いたことがある人も多いはず。実は七夕の短冊の色は五色と決まっています。意外ですよね。何色でどんな意味があるのか気になりますよね。なぜ願い事を書くようになったのかも見ていきましょう。

 

 

では今回は、七夕の短冊の五色って何色?どんな意味?なぜ願い事を書くのか?についてご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

七夕の短冊の五色って何色?

七夕の短冊の五色は何色かと言うと、「黄・青・白・黒・赤」の五色です。また、黒色を紫色としているところもあります。

 

 

この五色になった理由として『陰陽五行説』の意味が込められています。

 

 

具体的に陰陽五行説とは、中国の由来でこの世の物すべては五種類の元素からと「陰」と「陽」の要素から成り立っているという考えです。陰は「月・夜・男など」、陽は「太陽・女・朝」などです。

 

 

また、具体的に五色の色別の意味を解説します。

赤…「家族みんなが幸せでいられますように。」など目上の人や両親、先祖に感謝する願い事を書く

青…「足が速くなりますように。」「病気が治りますように。」など自分ができるようになりたいことを書く

黄…「好きな人と付き合うことができますように。」「みんなと仲良くできますように。」など人との関係を良いものにしたいという願い事を書く

白…「毎日受験勉強をする。」「毎日筋トレを頑張る。」など自分の決めたことを守るという願い事を書く

黒(紫)…「合格しますように。」「テストで良い点が取れますように。」など学業に関する願い事を書く

 

 

 

短冊の色にも意味があります。自分の好きな色の短冊をついつい選んでしまいますが、叶えたい願い事の色の短冊に書いてみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

七夕の短冊の意味とは?

七夕の短冊にはもともと『物事の技術が上達しますように』という意味が込められています。

 

 

その理由として、織物が上手になりますようにと空にいる織姫に願ったことから「技」の上達を願うようになったからです。また、短冊飾りに使われているあみ飾りやひし形つなぎは、もともと布で作られた飾りでした。昔の人は琴や文字を書くことを願って、葉っぱに願いを書いていたといわれています。

 

 

また願いごとが叶うように、七夕が終わると海や川に短冊や笹を流していました。今は川や海に流すのはあまり良くないですよね。そこで、笹と短冊を燃やすようになりました。その煙が天に届くと願いが叶うといわれていますよ。

 

スポンサーリンク

七夕に願い事を書くのはなぜ?

七夕に願い事を書く理由として、中国の風習である『乞巧奠(きこうでん)』に由来したといわれています。

 

 

乞巧(きこう)とは、手技がうまくなるように願う、上達を願う意味があります。つまり、織姫にあやかり、はた織りや裁縫が上手くなるように願う儀式でした。昔は願い事を梶という葉っぱに書いて、自分の願いごとを自分の手で書くと良いといわれていました。

 

 

人に書いてもらうより自分で書いた方が叶うといわれています。江戸時代のころからは、葉っぱではなく短冊に願い事を書くようになりました。ずいぶん前から短冊に書くという伝統があったようですね。

 

 

短冊の色には意味があり、「赤・青・黄・白・黒(紫)」の5色なんですね。

 

みなさんはどんな願いごとを書きますか?願い事がたくさんあるので、1つに絞るのも大変ですよね。みなさんの願いも叶うように、2022年も素敵な七夕を過ごして下さいね。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました