七夕の食べ物そうめんはなぜ?由来とそれ以外のオススメレシピは?

季節・イベント
スポンサーリンク

7月7日といえば、年に一度の七夕ですね。

 

よく冬至にはカボチャを食べるという風習がありますが、七夕には何を食べるか?風習や行事食があるのか疑問に思う方が多いでしょう。

 

 

ですから、今回は七夕の食べ物そうめんはなぜ?由来とそうめん以外のおすすめレシピについてご紹介します。

 

スポンサーリンク

七夕にそうめんを食べるのはなぜ?その由来は?

七夕にはそうめんを食べるという風習があります。

 

 

なぜ七夕の日にそうめんを食べるようになったのかというと、中国からの由来が関係しているからです。

 

 

中国では昔、索餅(さくべい)を食べていました。索餅とは小麦粉で作ったお菓子のことです。

さくべい さくへい 唐菓子画像引用元 そうめんの山道

 

索餅は病気や風邪をひかないようにという意味を込めて、7月7日に食べるようになりました。索餅は形がそうめんに似ていることから、現代ではそうめんを食べて元気に過ごせるようにという風習へと変化したようです。

 

 

その他にも

・そうめんが天の川に似ている
・暑い夏には涼しい食べ物を食べる

 

というところから、そうめんを食べるようになったともいわれていますよ。そうめんを七夕に食べるようになった由来には、いろいろな理由があるんですね。

 

 

スポンサーリンク

そうめん以外のオススメは?

そうめん以外のオススメは、子ども向けに『七夕おにぎり』はいかがでしょうか。

織姫と彦星の七夕おにぎり画像引用 クレライフ

 

おにぎりをにぎり、織姫と彦星の顔や髪の毛をのりで切りはるだけです。あっという間にかわいいご飯の出来上がりですよ。

 

 

そうめん以外のオススメとして、大人向けには『ちらし寿司』はいかがでしょうか。

画像引用 ミツカンHP

 

ちらし寿司はお祝いの日に食べることが多いですよね。七夕の日も織姫と彦星が出会う年に一回の素敵な日。ぜひ今年はおいしいちらし寿司を食べてくださいね。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました