卒業式のアクセサリーはブローチとパールネックレス両方つける?

季節・イベント
スポンサーリンク

3月といえば、卒業シーズンですね。

 

卒業式でのママの服装のマナーですが、アクセサリーについても悩むポイントが沢山あります。例を挙げてみると、

 

・コサージュやブローチとパールネックレスは両方つけても大丈夫?
・コサージュやブローチとパールネックレスを両方つける際に気をつけることは?
・どんなパールネックレスがオススメなのか?
今回は上記のような疑問についてご紹介します。
スポンサーリンク

アクセサリーはブローチとパールネックレスどちらもつけてOK?

卒業式のママの服装のアクセサリーに関してコサージュ・ブローチとパールネックレスどちらをつけても大丈夫です。

 

どちらかしか付けてはいけない、という厳格なルールはありません。

 

具体的な例だと、

 

VERYより抜粋

 

画像のようにコサージュやブローチとパールネックレス両方を付けても違和感がなく華やかで素敵なコーディネートですね。2つ付ける場合は、小さめなコサージュやブローチを選ぶとお互いが主張しすぎずにバランス良くまとめることができます。

 

 

コサージュやブローチの用意が出来なかった場合、胸元が寂しく感じてしまう時に役立つのがパールネックレスです。粒の大きな一連のパールネックレスもそれだけで存在感があり綺麗ですが、粒の小さめなロングパールネックレスを二重につけてもおしゃれになります。

 

 

両方購入する場合でも、必ずスーツの形や色に合うかバランスを見て決めましょう。両方つけてはいけないというルールはないので、セレモニースーツとアクセサリーの相性を見て選んでくださいね。

 

 

スポンサーリンク

ブローチとパールネックレス両方つける際の注意点

ブローチとパールネックレス両方つける際の注意点としては、派手になりすぎて悪目立ちしてしまうことです。

 

なぜかというと、両方とも大きなものを付けてしまいバランスが悪くなったり、色が合っていなくて統一感がなくなってしまうためです。

 

具体的な例を挙げると

・パールネックレスとブローチの色がバラバラ
・ブローチやコサージュのサイズが大きいのに大玉のパールネックレスを付けてしまう

 

色の組み合わせも大事なので、ブローチとパールネックレスの色がどうしてもバラバラになってしまう場合は思い切ってどちらかだけにしてみましょう。

 

その時もセレモニースーツにはどちらがしっくりくるか見ながらコーディネートしてくださいね。

スポンサーリンク

オススメのパールネックレス

卒業式や入学式などの式典には7mm〜8mm程度のパールネックレスがオススメです。

 

理由としては、主張しすぎないけれども存在感を感じるちょうどよい大きさだからです。ですから組み合わせるコサージュやブローチのサイズも大きすぎない物を選ぶと綺麗にまとまりますよ!

 

VERYより抜粋

 

具体的には画像のように

・柔らかい乳白色
・7mm〜8mm玉
・首元に添う長さ39cm

のものが合わせやすくてオススメです。

 

逆にそれ以上大きいサイズしかない場合は、パールネックレスだけでも十分に華やかになります。あまり大きすぎる粒のパールはこのような式典にはふさわしくありません。

 

・7mm〜8mm以下のパールの場合
ロングタイプのパールネックレスなら二重につけることで華やかさもプラスされ、コサージュやブローチとの相性も抜群になります。
・あまりに小さい粒のパールネックレス
存在感に欠けるのと、逆にバランスが取りづらくなってしまうので気を付けましょう。

一番重要なのは全体のバランスです。それぞれのサイズとバランスを見て大きすぎないか、派手になりすぎていないかチェックしてみてくださいね。

 

 

卒業式の主役はあくまでもお子様です。

 

お子様の門出をお祝いする為の場になりますので、セレモニースーツとアクセサリーのバランスをしっかり整えて華やかな装いで出席して下さいね。

 

こちらの記事も参考にして下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました