喪中の七五三で神社の鳥居をくぐらなければお参りOK?忌中ならダメ!

七五三
スポンサーリンク

七五三の年に喪中になってしまった時、神社の鳥居をくぐるのがよくないと聞いたことがありますが、これは本当なのでしょうか?

子どもの成長のお祝いはしてあげたいけど、ちょうど喪中の場合は避けなければならないのか?と不安になる方もいるでしょう。

ですから今回は、喪中の七五三で神社の鳥居をくぐらなければお参りOK?忌中ならダメ!についてご紹介します。

スポンサーリンク

喪中の七五三で神社の鳥居をくぐっても大丈夫?

四十九日後の喪中の時期なら、鳥居をくぐる、すなわち神社でお参りしても何も問題はありません。

なぜかというと、神道では、忌中(四十九日前)をけがれがある状態と考えます。

神聖な場所である神社に、けがれを持ち込むべきではない=お参りするべきでないとされているからです。

鳥居をくぐらなければ、神社にお参りしても良いと考える方もいるかもしれませんが、そうではなくて神社に行くこと自体がNGです。

鳥居をくぐらずに横をすり抜ければなんとかOKかも…とかそういうわけではないですよ。

この考え方はお宮参りや、初詣などの神社でのお祝いごとの時も同じように考えることが出来ます。

最初にお話ししたように、四十九日前の忌中は神社への参拝がNGですが、そもそも忌中と喪中の違いってなんでしょうか?

次で詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

忌中とは?喪中と違う点は?

忌中とは、近親者が亡くなってから四十九日法要を終えるまでの期間のことを指します。

一方で、喪中とは近親者が亡くなってからの一年間のことを指します。

忌中の間一切のお祝いごとを慎むことになっていて、亡くなられた方との関係によって日数に違いがありますが、一般的には四十九日までとなっています。

なので、四十九日法要を過ぎたら鳥居をくぐること、すなわち神社へのお参りはしても大丈夫ですよ。

神社側も、五十日祭(=四十九日)が終了していれば良いというところが多いので、忌中・喪中期間のお参りについてはこのように考えてOKです。

スポンサーリンク

一般的にダメな忌中の時に七五三に行く方法は?

もしどうしても忌中の時に七五三のお参りに行く場合は、忌祓い(お祓い)をしてもらうか、神社ではなくお寺にお参りするのが良いでしょう。

その理由を詳しく説明していきます。

忌祓いをしてもらう

神社によっては忌中の場合でも、お祓いを受ければお参りできるケースもあるので事前に問い合わせてみましょう。


忌祓いをすれば、穢れがなくなるので神社を参拝することができます。

ちなみにお祓いを受ける場所は、鳥居の外側であることが一般的です。

鳥居をくぐる=神社へ参拝をしたことになってしまうからです。

他の参拝客や七五三のお参りの方もいて、お祓いの様子を見られてしまいますので、こちらの方法はどうしてもの場合にすると良いでしょう。

神社ではなくお寺にお参りする

喪中に七五三の場合はお寺にお参りをするのか?という記事でも説明しているように、忌中は神社ではなくお寺なら大丈夫ですよ。

お寺には忌中や喪中という概念がないので、七五三と身内の不幸が重なってどうするか悩む場合は仏様のいるお寺へお参りして、御先祖様に挨拶をするのも良いでしょう。

まとめ

こちらの記事のまとめになります。

・喪中の七五三で鳥居をくぐってお参りしても大丈夫か?
→忌中と喪中で神社の参拝について考え方が違う
・忌中とは一般的に四十九日法要までの期間
・喪中は近親者が亡くなってから1年間のことを指す
・鳥居をくぐるというのは神社にお参りに行ってはいけない、という意味
→鳥居をくぐらないとか、横をすり抜ければOKとかそういうことではない
・人によって喪中について考え方が違う
→参拝については家族でよく話し合うべき
・忌中に参拝する場合は忌祓いをするかお寺へのお参りにする

このように、身内に不幸があると、お祝いごとをどうするべきか迷う方が多いと思います。

また、「忌明けしても喪中だから神社でのお参りは控えるべきでは…?」と親族や両親から反対されることもありますね。

基本的には上記の考え方を参考にして頂いて、不安があればご家族でよく話し合いをして、心も予定も落ち着いたタイミングでお祝いしてあげてくださいね。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました