【七五三に喪中の場合】四十九日前はお参りはNG?お寺にお参り?

季節・イベント
スポンサーリンク

七五三のお参りを考えていた時に、喪中になってしまったら、お参りに行っていいのか判断に迷いますよね。

 

 

例えば、以下のような悩みが挙げられます。

・喪中には神社にお参りしてはいけない?神社ではなくお寺に行くべき?
・特に四十九日前は七五三のお参りはNG?
今回は上記の疑問を解決すべく、【七五三に喪中の場合】四十九日前はお参りはNG?お寺にお参り?についてご紹介します。
スポンサーリンク

四十九日前に七五三のお参りはNG?

近親者が亡くなった場合、四十九日前に七五三で神社にお参りをするのは控えた方が良いでしょう。

 

 

理由としては、近親者が亡くなって四十九日前のすぐの期間のことを忌中と呼び、神道ではこの忌中の期間をけがれがある状態と考えています。そのため、神聖な場所である神社に、けがれを持ち込むべきではないとされているからです。

 

 

具体的には、喪中と忌中という2つの時期があります。喪中とは、近親者が亡くなった時、その死を悲しんで一定の期間身を慎むことをいい、期間は1年間になります。一方で忌中は、故人が亡くなってから、四十九日の法要までを指しますね。どちらかによって対応も変わってきますよ。

 

 

ですから、神道では神社へのお参りを控えなければならないとされています。ご不幸による悲しみを落ち着かせるためにも、四十九日前の神社への七五三参りは避けるのがベターですね。

 

スポンサーリンク

喪中の間は七五三参りに行っても大丈夫?

喪中の期間もお祝い事や派手な事は避けた方が良いでしょう。しかしながら、七五三のお参りはしても良いという寛容な考え方が一般的になっていますね。

 

 

理由としては、先程も述べたように、忌中(四十九日前)は七五三のお参りを控えた方が良いでしょう。しかし、喪中となると四十九日法要を済ませ、ひと段落ついているご家庭も多いからです。

 

 

一般的には、喪中・忌中は二親等までが対象です。ただ、親族の中には、喪中・忌中にお祝い事をするのを良く思わない方もいるかもしれないので、事前に相談してから決めた方が良いですね。

 

 

喪中となると、期間が1年間と長くなってしまいます。特に七五三のお祝いは両家の祖父母も参加したりお祝いしたりする場合が多いので、四十九日法要を済ませた後はそこまで厳密にしなくても良いかもしれませんね。

 

 

喪中期間に七五三で参拝する場合、鳥居はくぐっちゃダメなの?この疑問についてはこちらをご覧下さい。

 

 

スポンサーリンク

四十九日前でもお寺なら七五三のお参りOK?

四十九日前でもお寺なら七五三のお参りをしても問題はありません。

 

 

なぜかというと、お寺(仏教)の場合は、先程の忌中=けがれという考え方はないからです。

 

 

具体的な神社とお寺の違いは、信仰する宗教にあります。神社は神道、お寺は仏教になりますね。見た目の違いとしては、鳥居があるのが神社で、仏像やお墓があるところがお寺になります。七五三とは、本来氏神様に子どもの健やかな成長をお見せし、感謝の気持ちを伝える行事です。お寺に参拝すると、その対象がご先祖様や仏様になるということですね。

 

 

 

 

四十九日前に七五三のお参りに行きたい場合は、お寺のご先祖様や仏様に子どもの成長の感謝の気持ちを伝え、今後の成長を祈願するといいでしょう。また、ご家族の信仰する宗教にもよるので、よく話し合ってどちらにするか決めて下さい。

 

忌中・喪中の七五三の写真撮影は大丈夫?

忌中や喪中の七五三の写真撮影は大丈夫ですよ。

 

 

なぜかというと、神社への参拝と違い、特に良くないという考え方はないからです。

 

 

ただ、皆で賑やかに写真を撮る気持ちになれない場合は、写真館に相談して時期を延期してもらいましょう。七五三は遅れたりしても問題はないので、焦らず忌明けまで待つのが良いですよ。

 

忌中・喪中の七五三の時の食事会は?

忌中は、家族だけであっても七五三参りの後の食事会に行くことは避けた方がいいでしょう。

 

 

理由としては、四十九日前は想像よりバタバタと慌ただしいことが多いですし、あまり晴れやかな気持ちでお祝いすることも難しい可能性があるからです。

 

 

喪中の間は特に問題ありませんが、あまり盛大なお祝いにせず、ささやかなお祝いにとどめておくのが良さそうですね。

 

忌中の場合、七五三以外のお参りも避けた方がいい?

七五三以外のお参りでも、忌中は避けた方が良いでしょう。

 

 

前述の通り、神社に入るとけがれを持ち込むことになってしまうからです。また、追悼の意を表す時期なので、お祝いごとは避けた方がいいでしょう。

 

 

具体的には、初詣やお宮参りなどが挙げられます。

 

 

四十九日間にどうしても決まった時期にお参りに行く場合は、お寺に行くのが良いでしょう。

 

忌中に神社に行く用事ができた時は?

四十九日前に神社に用事が出来た時は、忌明けを待ってから行きましょう。どうしても自分でお参りをする必要がある場合には、お祓いを受けると参拝できることがあります。

 

 

やはり神社は四十九日前にお参りをするのは一般的には良くないからです。お祓いを受ける場所は、鳥居の外側になりますよ。

 

 

忌中に、急ぎで御守りやお札を買いたい時は、友人にお願いしてみましょう。他の人に購入してもらった御守りでもちゃんと効果はあります。

 

 

七五三のお参りは、四十九日前は控え、喪中期間は問題ありません。しかしながら、七五三のお参りも絶対にその歳の秋に行かなければならないというわけではないので、皆が明るい気持ちでお祝い出来る日がベストですね。そのために、家族で事前に相談し、七五三を晴れやかな祝いの行事にできるようにしましょう。

 

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました