七五三女の子7歳のお祝いは年長か1年生どっち?おすすめはいつ?

季節・イベント
スポンサーリンク

七五三の女の子の7歳のお祝いは、年長ですべきか、小学一年生になってからか、どちらにするか悩みますよね。

ですから、今回は、七五三女の子7歳のお祝いは年長か1年生どっち?おすすめはいつなのかご紹介します。

 

スポンサーリンク

七五三のお祝いは数え歳か満年齢どっち?

6.パパもママも着物で記念撮影! 画像引用元 スタジオアリス

七五三のお祝いは男の子なら3歳と5歳(5歳だけでも◎)、女の子なら3歳と7歳の時に成長を祝い神社にお詣りにいきます。

 

 

昔は、満年齢ではなく、数え歳で行うのが正しいとされていました。数え歳は、生まれた歳を1歳とし、新年を迎えると一つ歳をとるという数え方です。

 

 

でも現在では、誕生日で一つ歳を数える満年齢での数え方も広まり、お祝いごとは、どちらの数え方でやってもよいとされています。

 

スポンサーリンク

七五三女の子7歳のお祝いは年長か1年生どっち?

女の子が年長さんで七五三に行く時のメリットは?

・まだ小さくて可愛らしい時期
・平日でも行きやすい。混雑を避けれたり、写真館も平日の方が安いことが多い。

小学1年生で七五三に行く時のメリット
・少し大人びた表情が出来る時期
・衣装が似合うちょうど良い背丈
・小学校の入学式で着た衣装を使えたり、写真を入学祝いと兼ねて撮ることもできる。

他には、どちらの年齢で行くか考える時に考慮することは、
・他のきょうだいの七五三もあれば、その時期に合わせる
・歯が抜けるのが年長ぐらいから始まるので、写真の前歯が抜けていない時期を選ぶ
・小学生になると日焼けをしやすくなるので、その時期を避ける
・髪の毛の長さが、ちょうど良い時期に行く(着物には、長い髪をアップにするのが似合いますね)
・背丈、体格はひとそれぞれなので、衣装の似合う時期に行く(レンタル衣装は、120センチが1番種類が豊富です)

また、女の子は、周りのお友達が七五三に行くというと羨ましくなり、自分も早く行きたくなるかもしれません。女の子にとって、着物や可愛いドレスを着て、お詣りに行ったり、写真を撮ったりすることは、楽しみにされることが多いです。

○早生まれの方は、いつになる?

早生まれの方は、年長か、小1か、小2に行くこともできますが、いつでも大丈夫です。

その子や、親御さんたちが納得のいく年齢で行くといいですね。

○3歳の時期のお詣りなら…

この時期のお詣りなら、個人的には、満年齢の方がオススメです。数え歳で行って、着物がしんどかったり、下駄で歩きにくかったりしてグズグズしたり、長いご祈祷に耐えられなくて苦労したことがありますので。

 でも、お子さんの可愛い晴れ姿を早く見たかったり、小さい時期の方が一段と可愛いというのもありますね。また、おじいちゃん、おばあちゃん世代の方は、数え歳で行くのが一般的と思ってらっしゃる方もいるかもしれません。

スポンサーリンク

男の子の七五三は3歳もする?それとも5歳だけ?

男の子は、5歳だけと思ってる方が多いでしょう。しかし昔から、男の子は3歳もお祝いする地域があり、特に西日本では3歳と5歳をお祝いしてきました。

 そんな西日本の影響や、男の子も可愛い成長をお祝いする機会を増やしたいと、両方の時期にお祝いをする方が増えているようです。

 また地域特有の七五三の祝う時期があったりするので、近隣の神社に尋ねてみるといいですね。また両家で七五三のやり方が違うこともあるので、そこも、相談して、考え方を合わせておくのがいいですね。

七五三に行く時期は、数え歳でも満年齢でもどちらでもOKです。どちらが良いというのはないので、家族の事情に合わせたり、何もなければ、こどもさんのベストな晴れ姿が見れる時期を選んであげるといいですね。周りに合わせる必要はなく、ご家族の自由なタイミングで行くといいです。

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました