節電ポイントもらうには?いつから参加できる?仕組みややり方は?

ニュース
スポンサーリンク

いよいよ2022年8月から節電ポイント制度が始まりますね。

 

節電ポイントをもらうにはどうしたら良いでしょうか。そもそも節電ポイントとはどんな仕組みでいつから始まるのか?疑問に思っている方が多いでしょう。

 

 

ですから今回は、節電ポイントもらうには?仕組みややり方は?期間はいつからか詳しくご紹介します。

 

スポンサーリンク

節電ポイントとは?

節電ポイントとは、電力会社が節電に協力した家庭に、節電量に応じてポイントを渡すということです。このポイントは電子マネーなどに利用できますよ。

 

 

 

節電をどうして行うのかというと、電力需要がひっ迫しているからです。

 

 

今でもテレビなどでよく聞きますよね。電力がひっ迫しているので、消費電力を下げて生活しましょうということをこの節電ポイントを通して広めていきたいようですね。

 

スポンサーリンク

節電ポイントをもらうには?仕組みややり方は?

節電ポイントは節電に協力することでポイントがもらえます。

 

 

参加すると、電力が不足している時に、お願いメールが届きます。このポイントは電気料金の支払いなどに利用できます。

 

 

具体的には、1ポイント1円で自動的に還元されるので、とても便利ですよ。電力会社のサイトより申し込みができます。東京電力では2022年7月27日~9月23日までです。参加受付は7月18日までです。

スポンサーリンク

節電ポイントはいつから参加できる?

節電ポイントは2022年8月中旬をめどに準備を進めているそうです。

 

 

節電プログラムに参加する過程には2000ポイントが付与されるそうです。2000ポイントは2,000円として使用できます。関西電力では、申込期間は2022年7月1日~9月15日までになります。実施期間は7月4日~9月30日までです。

 

節電、今できることは?

節電で今からできることは、電気をこまめに消して、電気がどの時間帯にひっ迫するのか把握することが大切になります。

 

 

理由としては、コンセントにつなげているだけでも電力を消費するので、1回節電するだけでは効果は薄いですが、積み重なれば節電効果がより大きくなるからです。

 

 

具体的な節電方法を説明していきます。

冷房は必要な時だけつける

夏はずっと冷房をつけるのではなく、出かける時は消すなど、必要な時に冷房をつけましょう。

 

 

また暑い時はカーテンをしめて日差しをカットすると良いですよ。また、冷房のフィルター掃除をしていますか?冷房のフィルターにごみやほこりがついていると、冷房を付けたときかなりの電力を使います。ですから掃除をするだけでも消費電力の削減につながりますよ。冷房だけではなく、扇風機などを使用すると部屋が涼しくなり過ごしやすいですね。冷房の温度は無理のない範囲で28度前後に設定しましょう。

 

電気はこまめに消す

ずっと電気をつけっぱなしなのはもったいないですよね。こまめに電気を消す習慣をつけましょう。

 

 

また、LEDに電気を買い替えるといいですよ。テレビを見ない時は消しましょう。テレビの画面も掃除すると消費電力が下がるそうです。音量もあまり大きくしない方が◎

 

早寝早起きをする

早寝早起きは一見関係なさそうですが、早く起きることによって夜に使っていた電気量が下がります。

 

 

夜遅くまで起きていると電気量がかかりますよね。夜やっていたことを朝早く起きて行うと良いですよ。早起きは三文の徳とも言います。早寝早起きは健康にも良いでのぜひ家族で取り組んでみてくださいね。少しのことで良いので自分でできることをみつけましょう。

 

 

節電ポイントという言葉を聞くようになったのは最近ですね。節電量に応じてポイントがもらえ、電気代を払う時などに自動で使用されます。電気代も高くなってきましたし、こんな機会だからこそ、節電に関して家族などで取り組めることを考えていきましょう。

 

 

今年の夏は電力ひっ迫のため節電ポイントをたくさんもらえるようにみんなで頑張って過ごしていきましょう。また7月から実施される地域もあるので、まだ参加してないという方はぜひ応募してみて下さいね。

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました