実際に使ってみて便利な離乳食調理器具と、ベビー用食器の選ぶポイントは?

アイテム

実際に離乳食を始めて6ヶ月経ちましたが、最初の頃は普段の調理方法とは異なる点が多く悪戦苦闘していました。

具材の大きさや固さにも気を配らないといけないからです。これを赤ちゃんのお世話をしながら包丁1つで地道に頑張るのは時間もかかりますし、至難の技です。

なので今回は実際に使ってみて便利な離乳食調理器具と、ベビー用食器の選び方をご紹介します。

離乳食の調理器具を選ぶポイントは?

さっと使えるもの1台で用途が豊富なものの2種類を用意すると効率がいいです。

赤ちゃんのお世話をしながらの調理は手早く済ませたいですし、具材を様々な形状にする必要があるからです。

離乳食初期は基本的に少量から始めるので、ある程度作ったら冷凍をして保存します。特にお粥やうどん、パンなどの主食は食べる頻度が高いので一度にまとまった量を保存しないとすぐにストックが尽きてしまいます。そんな時は1台でまとまった量をすりつぶしたりできる器具の方が効率が良く便利です。

逆にほうれん草などの葉物野菜をすりつぶそうとしたら、茹でた時にものすごく縮んでしまって刃先に届かないことがありました。1台でまかなえるような大きな器具だとうまくすりつぶせないので、そんな時はさっと使えるようなコンパクトな調理器具が重宝します。

また、すりつぶしが足りない時など追加でしたい時は大きめな器具よりもコンパクトでさっとその場でできるものの方が、赤ちゃんにすぐ食べさせることができるのでオススメです。

用途や状況に応じて、使い分けて効率を良くしていきましょう。

使い勝手が一番良いのは?

基本的には、ブレンダーの使用頻度が一番高いです。

ただ、これだけだと若干不安な時もあるので、すりつぶし・角切り・すりおろし・裏ごしなどが出来る調理器具があればベストです。

なぜならブレンダーでは角切りが出来ないので、離乳食が進んできてある程度噛みごたえのある固さを大きさが必要になってくる時期には、角切りできる器具が重宝するからです。

ブレンダーは手元のスイッチの押し加減で刃の回転速度を変えられるので、食材の固さや滑らかさなどが調節しやすく、量もある程度沢山作れるのがメリットです。

離乳食以外にも、普段の調理でも使用頻度が高いので1台あれば長く愛用できます。離乳食用の調理器具を買ったけど、離乳食を卒業したら使わなくなってしまった…でもブレンダーにその心配は不要です。

離乳食の本などの説明には、「人参5mm角の大きさで歯茎で潰せる固さ」などの表記が多く自分で5mmを意識して切っていきますが、とても時間がかかります。大きすぎてもうまく噛めないし、小さすぎても噛む練習にならないので加減がとても難しいです。そんな時は角切りできる器具を使って時短しましょう。

離乳食は徐々にミルクを卒業することと、大人と同じように食物から栄養を摂取できるよう飲み込む、噛む練習をすることが目的なので、器具を使い分けて適切な食事を作りましょう。

ベビー用の食器を選ぶポイントとは?

ご家庭の事情により異なりますが、大切なのは食洗機対応可と壊れにくく尚且つ軽くて色分けされているものが選ぶ際のポイントです。

理由としては以下の3点が挙げられます。

・徐々に品目が増えていくので、色分けされていると品目毎に準備がしやすい

・回数も量も1日1回→3回に増やしていくので、食洗機可なら手で洗う手間が省けるので楽になる

・食べづかみをする時期になると、自我も芽生えてきて自分で器を掴んで床に落としたりする頻度が多い

色別の器だと、主食・野菜・肉・たんぱく質のように種類ごとに分けやすく、バランスよく食事をすることが出来ます。食事の準備でバタバタしていると、1種類準備を忘れてしまう…なんてこともよく起こりますからね。

器を奪って投げたり落としたりは日常茶飯事なので、器の耐久性についても強くて、軽いものがベストです。あとはティファールのように重ねて収納できるものは、かさばらなくて便利です。

離乳食は想定外なことが多い!

離乳食は始めてみないとわからないことが多い分野です。想定外なことが多いので、食材の事前準備が非常に大切です。

準備がある程度出来ていると、気持ちに余裕が生まれるからです。

食べムラがあったり、スプーンを口に入れるのを嫌がる時もあれば、食べ物で遊び出してしまったり、わざと床に落としたりもします。こんな状況でも、気持ちに余裕があると乗り越えられますよね。

私の娘はせっかちなので、バタバタしながら準備をするとぐずるし、机をバンバン叩いて催促します。焦りますが、事前に冷凍保存した作り置きを解凍するだけですぐに食べられるので、準備は大切だなと毎回痛感しています。

文明の利器の力を借りて、手早く簡単に離乳食を作ることは子どもにもお母さんにも良いことずくめなんです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました