お年玉の相場や平均額は?赤ちゃんや大学生、自分の子にあげる?

季節・イベント
スポンサーリンク

お正月といえば、親族の子、自分の子ども、孫、甥や姪にお年玉をあげるのが一般的ですね。

その際にお年玉の相場や平均額が分からなくて、どの程度の金額をあげたら良いのか悩みますよね。

今回は、お年玉の相場や平均額についてや、赤ちゃんや大学生、自分の子にお年玉をあげるかについてご紹介します。

スポンサーリンク

年齢別のお年玉の相場や平均額は?

年齢別のお年玉の相場や平均額を以下の表にまとめました。

年齢 相場・平均額
赤ちゃん(0歳〜) 500円〜1,000円
未就学児(3歳〜5歳) 1,000円〜2,000円
小学校低学年(1〜3年生) 3,000円程度
小学校高学年(4〜6年生) 5,000円程度
中学生 5,000円〜10,000円
高校生 5,000円〜10,000円
大学生 10,000円程度

マイナビニュースより一部抜粋

 

自分の意思でお金を使ったり、お金の大切さを理解し、自分で使うことが増える年齢になるにつれて必然的に金額も多くなる傾向にあります。

 

具体的には、お友達との付き合いや部活動などで行動範囲も広がるので、お金を使う機会が小学生頃から徐々に増えますよね。

 

あげる子の年齢や用途に見合った額を渡すのが、お金の管理や使い方を学ぶという意味でも大切です。

 

スポンサーリンク

赤ちゃんにお年玉はあげる?あげない?

赤ちゃんには、お年玉として500円〜1,000円をあげるか、おもちゃやギフトカードなど物として渡すこともあります。

 

赤ちゃんはまだ自分でお金の管理ができないので少額で親に渡す、あるいはおもちゃだとすぐに遊んでもらえて実用的だからです。

 

我が家も1歳の子が、可愛いポチ袋で1,000円頂きました。本人はまだお金のことは分からないけれど、何かをもらった、ということですごく喜んでいました。ポチ袋が可愛かったのもあると思います。

 

お金にしろ、物をいただくにしても、その時に感謝の気持ちをしっかりと相手に伝えることを子どもに教える機会があるのは親としてもありがたいですよね。

 

スポンサーリンク

大学生にお年玉はあげる?あげない?

大半の方はお年玉をあげる子が大学生になっても、1万円程度あげています。

 

以下の表を見ていただくと分かるように、大学生にお年玉を渡さない人は34%なので、約7割近くの人が渡していることになります。そして渡す金額として最も多いのが「1万円」で45%になります。

ほけんROOMより抜粋

大学生、といっても具体的には

・大学を卒業する22歳まで(4年生大学の場合)

・成人を迎える20歳まで

・高校を卒業する18歳まで

と各家庭によって考え方はそれぞれのようです。

 

大学生といっても自分でアルバイトをして稼いでいる人もいますし、20歳未満でも就職して自分で生計を立てられるようになったら、もうお年玉をあげることはほとんどないようです。

自分の子どもにお年玉はあげる?

自分の子に日頃お小遣いを渡していない場合、その代わりにお年玉をあげる家庭もあります。逆に毎月お小遣いをあげているので、お年玉は渡さないという家庭もあります。

 

前者の場合は、お子さんの年間の収入がお年玉だけになってしまうので、年間計画を立てた後に足りない場合は少し上乗せして渡したり、他の親戚の子たちよりも多めに渡す場合もあるようです。

 

我が家は親戚が少なかったので、母からもお年玉を貰っていました。その心遣いが嬉しかったのを覚えています。

 

各家庭によって考え方が様々なので、自分の子とよく話し合って方針を決めるのが一番です。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました