お中元とお歳暮の内のしと外のしはどっちがいい?使い分け方を紹介

お中元とお歳暮の内のしと外のしはどっちがいい?使い分け方を紹介 季節・イベント
スポンサーリンク

お中元やお歳暮を贈る時期になると、よく分からなくなってしまうのがのしの付け方です。

のしには、内のしと外のしがあって、贈る際にどちらにした方が良いのか迷いますよね。

ですから、今回はお中元とお歳暮の内のしと外のしはどっちがいい?包装マナーについてご紹介します。

スポンサーリンク

お中元やお歳暮を贈る時は内のしと外のしどっち?

お中元やお歳暮を配達で贈る場合は、内のしが良いでしょう。

会って直接渡す場合には、外のしにしましょう。

理由としては、内のしだと送り主の名前が見えないので、郵送だと分かりづらいからです。

内のしはその上から包装紙でラッピングしてあるので、中の商品がより綺麗な状態で受け取ってもらえます。

スポンサーリンク

お中元やお歳暮は短冊のしで贈ってもOK?

お中元やお歳暮短冊のしで贈ってもNGではありません

しかし、贈る相手によっては失礼に当たるのでその点は気をつけましょう。

短冊のしとは?

短冊のしとは、近年できた短い簡素なのしのことです。

なぜ簡素なのしができたかというと、お中元やお歳暮を頂いた際にのしを取っておくことはなく、ほとんどの方がもらったのしは処分してしまいます。

エコという観点から、のしを小さくしてごみを減らすということが理由ですね。

短冊のしは目上の人に贈る際はNG?!

短冊のしは目上の方お世話になっている方には簡素すぎて失礼に当たる可能性があるので注意しましょう。

なしと伝えている手のサイン

しかし、普通ののし紙は大きいと感じる方もいるので、親戚ライトなお付き合いの方にお中元やお歳暮を贈る場合は短冊のしにしてみてもOKですよ。

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事のまとめになります。

・お中元やお歳暮ののしは郵送するなら内のし、手渡しなら外のしが良い
・近年、エコの観点からのしを簡素化した短冊のしについて広まってきた
・目上の人やお世話になった方に短冊のしで贈ると失礼になる場合があるので避ける
・親戚やライトなお付き合いの方に短冊のしが◎

内のしと外のしの違いや短冊のしについてご紹介しました。

贈る方法や、もらう側の状況によってのしも変えると、とても丁寧な印象を持たれますよ。

今年も感謝の気持ちをお中元やお歳暮で伝えてみてください。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました