お中元のお礼状いつまでに送る?目上の方や個人への書き方や例文は?

季節・イベント
スポンサーリンク

お中元を頂いた際に、無事に届いたことや感謝の気持ちをお礼状で伝えることは大切ですよね。

 

 

その際に

・お中元のお礼状はいつまでに相手に送るの?
・お中元のお礼状の書き方が分からない…特に自分より目上の方やビジネス以外の個人に対してはどのように書いたら良いの?

上記のような疑問が多く挙げられますね。

 

 

ですから今回はお中元のお礼状はいつまでに送る?目上の方や個人への書き方や例文についてご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

お中元を頂いたらお礼状は必要?

お中元を頂いたら、お礼状は必ず書くようにしましょう。

 

 

なぜかというと、メールや電話という方法も良いのですが、お礼状を送ることが一番丁寧なお返しの仕方だからです。

 

 

具体的には、かなり親しい間柄や親戚などの方はメールや電話でお礼を伝えてもOKです。しかしながら、自分より目上の方や上司にはお礼状でお中元を無事に受け取ったことと感謝の気持ちを伝えましょう。

 

 

どうしても忙しい場合には、まず先にメールか電話で受け取りの報告をしてから、なるべく近日中にお礼状を書いて出すようにするのが良いですよ。

 

 

 

相手の方もこちらが喜んでくれるかな?と思いを馳せながら選んでくれたものなので、こちらもより丁寧に対応する必要がありますね。

 

 

スポンサーリンク

お中元のお礼状はいつまでに送るのが良い?

お中元が届いたらいち早く気持ちをすぐに伝えるようにしてください。まず届いたら、電話やメールで感謝の気持ちを伝えましょう。そしてあまり日が経たないうちに、お礼状を書くと良いですよ。電話やメールだけでも良いと思いますが、自分の手で心を込めて書くお礼状が、一番気持ちがこもっていて良いでしょう。

スポンサーリンク

 お中元のお礼状の書き方

今回は、目上の方・上司へ書く場合と、個人宛てにお礼状を書く場合の2パターンをご紹介します。

 

目上の方や上司などに書く場合

目上の方へのお中元のお礼状の便箋は白色でシンプルな縦書きタイプのものを選びましょう。また、ハガキで書くのはNGです。

 

画像引用 楽天市場

 

なぜかというと、ビジネスや目上の方に対しては、白色で品のある便箋を用いることがマナーだからです。また、ハガキは手紙を簡素化したもの、という意味合いがあるので目上の方や上司に対して送るのは失礼に当たるからです。

 

 

では、具体的な目上の方や上司にお礼状を書く際の例文をご紹介します。

 

①目上の方や上司、ビジネスシーンでは手紙のはじめの挨拶の言葉を入れましょう。
②その次に時候の挨拶の言葉を書きます。
お中元の場合は
7月はようやく梅雨も明け〜
8月は毎日猛暑が続いておりますが〜などを用いると良いですね。
③相手の状況をたずねるような文章を入れましょう。
④お中元を受け取った報告と感謝の気持ちを具体的に伝えると情景が浮かんで、相手に喜んでもらえますよ。
⑤相手の健康や状態を気遣う言葉を入れるとより丁寧になります。

 

 

①拝啓

②梅雨もあけ、太陽のまぶしい本格的な夏の季節となりました。

③お変わりなくお過ごしでしょうか。

④今回はこのような素敵なお品物を頂き誠にありがとうございました。家族(社員)みんなで美味しく頂きました。

⑤季節の変わり目でありますが、体調にお気を付けてください。またお会いできることを楽しみにしております。

①敬具

差出人の名前

と気持ちを込めて綺麗な字で書くとより気持ちが伝わりますよ。

 

 

今は目上の人にお礼状を書く機会はあまりないかもしれません。しかしながら、失礼があってはだめですよね。白い品のある縦書きの便箋を使えば失礼には当たりません。文章も例文を参考にしながら自分なりの言葉で書いてみましょう。

 

個人の方へ書く場合

個人へのお中元のお礼状は花柄など少し華やかな便箋で横書きの書式を選んでもOKですよ。また、親しい方であればハガキで書いても良いでしょう。

 

画像引用 楽天市場

 

 

理由としては、個人間のやり取りなので、ビジネスシーンより堅苦しくならなくてもOKです。ハガキも親しくしている取引先や個人宛に書いても大丈夫です。しかし、ハガキの場合は裏面の内容がどうしても見えてしまうので、見えても差し支えないような文章にしましょう。

 

 

具体的な例文の書き方としては、先程のものと流れは同じになります。ただ、個人宛てなので相手との距離感で少しフランクにしても良いでしょう。

 

①拝啓

②梅雨もあけ、太陽のまぶしい本格的な夏の季節となりました。

③お変わりなくお過ごしでしょうか。

④今回はこのような素敵なお品物を頂き誠にありがとうございました。家族(社員)みんなで美味しく頂きました。

⑤季節の変わり目でありますが、体調にお気を付けてください。またお会いできることを楽しみにしております。

①敬具

 

 

メールや電話でも気持ちは伝わりますが、丁寧に書いた手紙の方がより気持ちが伝わりますね。いつもは、電話やメールで済ませてしまう連絡も、今年はお礼状を書いて気持ちを伝えてみるのはどうでしょうか。書き方が難しいと感じる人もいると思いますが、上記の例文や書き方の流れを参考にして書いてみてください。

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました