年賀状をやめる場合の文例は?ラインで友達に伝えるのはアリ?!

年賀状をやめる場合の文例は?ラインで友達に伝えるのはアリ?! 季節・イベント
スポンサーリンク

年賀状を送るのをやめようと考えたことがある人は近年増えてきているのではないでしょうか?

SNSやパソコンの普及で簡単に好きな人と繋がれる時代。

年末忙しい時期に、手間のかかる作業に追い込まれたくないですよね。

今回は年賀状をやめる場合の文例は?ラインで友達に伝えるのはOKなのか?について紹介していきます。

スポンサーリンク

年賀状のやめ方は?

いざ、やめようと思っても、どの方法が最適か考えると難しいです。

まずは3つの方法を参考にしてみて下さい。

今年の年賀状活用

送る年賀状に、来年からやめる事を伝えます。

今までやり取りがあった全員に伝えることができるので

一番確実な方法です。

直接伝える

普段からお世話になっている人に宣言しておくと

関係が悪化したり、気まずくなることはありません。

早めに伝えることで、相手側も年賀状を用意する必要がなくなるので

相手の手間も省けます。

クリスマスを活用

クリスマスメッセージをLINEなどで送る際に、年賀状をやめることも一緒に伝える。

ただし、クリスマス時期なので、すでに年賀状を送った人もいます。

届いた場合は、相手に感謝を伝えるためにも送り返しましょう。

スポンサーリンク

年賀状をやめる場合の文例は?

文章を書く際は、①挨拶の文面②年賀状じまいの理由③代替案の提案を相手に失礼がないように書きましょう。

なぜかというと、突然年賀状をやめる宣言をすると相手を心配させます。

普段通り、新年の挨拶文を書いてから、年賀状じまいの文章を書くことを意識しましょう。

挨拶の文面

新年あけましておめでとうございます。昨年は大変お世話になりました。

年賀状じまい理由

私事ではありますが、本年より年賀状を控えさせて頂きます。

誠に勝手ではありますが、毎年あたたかな年賀状をありがとうございました。

代替案の提案

今後のお付き合いは変わらずSNSやラインから連絡を頂戴できれば幸いです。

スポンサーリンク

ラインで友達に伝えるのはアリ?!

SNSの普及で年賀状の在り方が変わってくるのは当然です。

新年の挨拶をする一つの方法として活用していきましょう。

今年はラインでメッセージを送ろう、と考えている方はスマートねんががおすすめです。

日本郵便がSNSの普及に伴いラインから年賀状を送ることができるサービスをスタートさせました。

相手の住所を聞いたり、貰った年賀状を整理したり手間も省け、スマホで全てが片付きます。さらに、スマートねんがくじにも参加でき、当たればラインポイントと交換されます。

デジタルで年賀状を受け取り、新年の挨拶をするのも良いですね

年賀状をやめるメリットは?

年賀状にかかるお金がいらなくなる

 年賀状を準備するにも、ハガキ代、プリント代で送る人が多ければ年末の出費に1万円以上かかります。やめる事で、お正月家族で食べるお節料理、お酒も少し贅沢できます。

年末に年賀状作成時間を他の時間にあてる

年賀状をお家で準備する期間に約1週間かかることもあります。

時間に追われて、家の大掃除ができなかったなんてことも。

年賀状に費やす時間を、家族や自分のために使うことで

気持ちに余裕ができ、気持ちよく新年を迎え事ができるようになります。

年賀状をやめるデメリットは?

交友関係が疎遠になる

毎年、年賀状で近況報告をしていた友人との繋がりが、無くなってしまいます。

普段連絡を取らない相手の近況を知れる、の唯一の年賀状が

来なくなるのは少し寂しい気持ちになるかも知れないですね。

まとめ

時代とともに年賀状への向き合い方は変わってきます。

しかし、一年の感謝と新年の挨拶をする日本の伝統的な文化が薄れてい行くことは少し寂しく感じます。

普段連絡を取らない相手と唯一繋がれる手段を無くす。のではなく家族や友人の思いも考え、年賀状と向き合うことが大切です。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました