三上大進の左手は障がいがあるの?それがNHKレポーターに選ばれた理由?

人物
スポンサーリンク

スッキリやバラエティ番組に最近出演が増えている三上大進さん。

三上さんは大学卒業後、化粧品会社のマーケティングを経て、NHKのリポーターをしていました。

とても明るく楽しいキャラクターの三上さんですが、実は左手には障がいがあるのではないか?と噂になっています。

今回は三上大進の左手は障がいがあるの?それがNHKレポーターに選ばれた理由なのかについてご紹介します。

スポンサーリンク

三上大進さんの左手は障害があるの?

三上大進さんには左上肢機能障害があります。

それは、生まれつき左手の指2本しかないようです。

三上大進さんは30歳の節目にインスタグラムで自分の左手について投稿していますね。

この投稿をInstagramで見る

三上大進 / (@daaai_chan)がシェアした投稿

心無い出来事に傷ついたり…と書いてあり、おそらく周りから何かこの手についてネガティブなことを言われてしまったこともあったのでしょう。

心無いことを言われて傷つく人

左手のことをコンプレックスに感じて、葛藤しながらも良いこともそうでない出来事も大切な経験と語れるまでになったようです。

今は胸を張って、自分のことが好き、と言えるようです!

ちなみにこちらの投稿のハッシュタグに彼氏の調達が間に合わない…と書いてありますね。

実は三上さんはオネエで男性が好きなのではないか?という疑惑もあるので、こちらの記事で解説しています。

スポンサーリンク

三上さんの左手に障がいがあるからNHKリポーターに選ばれたの?

三上さんがNHKリポーターに選ばれた理由というのが、この左手の障がいがあったからなんです。

インタビューする人

NHKは2020年の東京パラリンピックのために、障害のあるリポーターを3名採用し、その中の一人が三上大進さんで、2018年に期間限定でNHKに入局しました。

実は三上さんは大学時代に留学経験があり、英語が流暢だったこともあり、NHKのパラリポーターに最適な人物として選ばれたようですね。

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事のまとめになります。

・三上大進さんは左手に先天性の障害がある
・2020のパラリンピックのためにNHKリポーターに選ばれた
三上さんはとても明るく、SNSの投稿でも多くの友人に囲まれている姿が印象的です。
しかし、生まれつきの左手の障がいで傷つくようなことも経験しながらも、現在ではそれを乗り越えて受け入れているようですね。
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました