京都祇園祭2023ちまきの価格や販売期間はいつまで?通販でも買える!

季節・イベント
スポンサーリンク

京都祇園祭の名物のひとつにちまき(粽)があります。

 

 

このちまきはいくらぐらいして、いつどこで売っているのでしょうか?また京都祇園祭に行けない場合は通販で購入出来るのでしょうか?

 

 

今回は、京都祇園祭2023ちまきの価格や販売期間はいつまで?通販でも買える!についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

ちまきとは何?

ここで言うちまきは、食べ物ではなく、笹の葉で作られた厄病・災難除けのお守りのことです。

 

画像引用元 祇園祭HP

 

 

こちらが厄除けちまきと呼ばれているものです。京都では多くの人がこのちまきを準備し、1年間玄関先(軒下)の見やすいところに飾ります。京都の町を歩くと、おうちの玄関の上に飾られているのをよく見ることが出来ますよ。

 

スポンサーリンク

【京都祇園祭2023】ちまきの販売期間は?

ちまきの販売日は原則宵山期間(3日間)例年7月13日~16日です。

 

ただ販売日の日程は山鉾町によって違うところもあり、宵山の前日から販売されるところもあります。

 

今年2023年の京都祇園祭のちまき販売日程はこちらになります。

7月13日〜16日 京都祇園祭(前祭)
7月20日~23日 京都祇園祭(後祭)

 

山鉾町で購入できます。日程は山鉾町によって違うところもあり、13日午前中には始まる山鉾町もあります。結構すぐに売り切れてしまうことがあるので早めの購入をオススメします。ちなみにちまきなどを購入すると山鉾に搭乗できる場合があります。

 

この時期も、山鉾町で買うことができます。日程は山鉾町によって違い、20日夜に始まる山鉾町もあります。

 

スポンサーリンク

京都祇園祭のちまきの販売価格はいくら?

ちまきは大体700円~1,000円ぐらいで販売されています。

 

京都祇園祭2023のちまきは通販で購入できる!

厄除けちまき公式授与サイトで、6月後半ごろから注文できます。

>>厄除ちまき公式授与サイトはこちら

 

新型コロナウイルス感染拡大により、京都に足を運ぶことが難しい方もいらっしゃり、この伝統を守り続けるために、ネットでの授与(販売)が2021年から始まりました。

京都祇園祭2023の開催状況

新型コロナウィルスの感染拡大により、2020年、2021年と2年連続で山鉾巡行が中止でした。しかし2022年は感染対策をしながら開催されたので2023年も開催予定です。

 

 

今年の厄除けちまきも購入し、安心した一年を送りたいですね。山鉾巡行も見応えありますし、屋台もたくさん出るので、華やかなお祭り雰囲気をぜひ楽しんで下さい。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました