国葬の日程や場所は?一般人は安倍晋三元首相のに参列できるの?

季節・イベント
スポンサーリンク

安倍晋三元首相の国葬を執り行うことが閣議決定されました。

 

 

とても大きな衝撃と話題になった出来事で、直接安倍さんの国葬に参列したり、見に行って献花台に花をたむけたいと思う方もいるのではないでしょうか?

 

 

ですから、今回は国葬の日程や場所は?一般人は安倍晋三元首相のに参列できるのかについてご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

安倍晋三元首相の国葬の日程や場所は?

安倍晋三元首相の国葬の日程2022年9月27日(火)になります。場所日本武道館になります。

 

 政府は20日、参院選の遊説中に銃撃されて亡くなった安倍晋三元首相の「国葬」を9月27日に開催する方針を固めた。22日の閣議で決定する。

会場は東京都千代田区の日本武道館となる予定で、政府は今後、海外からの要人も含めた参列者の調整を進め、詳細な実施方法などを詰める。                                                                                                           Yahooニュースより抜粋

 

理由としては、今までの歴代首相経験者の葬儀も日本武道館で執り行われることが多かったことが挙げられます。

 

また、日本武道館の空いているスケジュールが直近でそこだけだった可能性と、海外からの要人も多数参列する予定なので、警備の面からも日本武道館が選ばれました。

 

 

トランプ前アメリカ大統領も参列を検討しているそうで、世界からVIPや主要人物が来日すると予想されるので、大規模な国葬になるでしょう。

 

スポンサーリンク

一般人は安倍晋三元首相の国葬に参列できるの?

安倍晋三元首相の国葬に一般人は参列できないと推測されますね。

 

 

理由としては、海外からの要人の参列も検討されているため、警備が厳しいのと、今までの首相経験者の葬儀でも一般人は参列することができなかったからです。

 

 

具体例として、葬儀ではありませんが、2019年5月25日~28日にトランプ大統領が来日した際は、首都高が警視庁によって4日間交通規制されました。今回も各国から首脳級のVIPが来日すると予想されますので、道路の規制や混乱は避けられないでしょう。

 

 

よって、一般人が全国各地から日本武道館に詰めかけてしまうと交通状況も会場もかなり混乱してしまうでしょう。また、警備などの人員配置や人数が必要になってしまうため、一般人の参列はできないと考えるのが自然ですね。

 

スポンサーリンク

安倍元首相の国葬に参列できない場合、献花台は設置されるの?

安倍元首相の国葬に参列できない場合、献花台は設置される可能性が高いでしょう。

 

 

理由としては、新型コロナウイルスの感染者が急激に増加傾向にあるので、人が集まることを避けるために全国各地に献花台が設置されるでしょう。

 

 

今出ている案としては、

・自民党県連支部
・自民党の議員の地方支部、事務所
・市役所等の公的施設
これらが挙げられます。

よって、地方にお住まいの方でも安倍さんを弔うために献花できます。詳しい情報が入り次第、追記致します。
一般人は日本武道館で行われる安倍元首相の国葬に参列できないと思われますが、このように全国各地で献花台が設置されているので、献花したい場合はお近くの自民党支部や、その地区の議員の事務所などを調べてみると良いでしょう。

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました