五月人形はお下がりでも大丈夫?代々受け継ぐより買い換えるべき?

季節・イベント
スポンサーリンク

5月5日は端午の節句ですね。そろそろ五月人形を購入したり、飾るために出すご家庭が多いのではないでしょうか。

 

両親が大事に保管しており、今でもきれいな状態で実家の押入れに眠っている自分の五月人形…

 

・我が子の初節句に、この五月人形をお下がりできるのか?
まだまだ飾れるし、お金もかかるからわざわざ新しいものに買い換えるべきか?

 

 

こんな風に考える人もいるのではないでしょうか。実際はどうなのか、そのあたりを解説していきます。

 

スポンサーリンク

五月人形はお下がりでも大丈夫?

結論から言うと、五月人形のお下がりは絶対にやめましょう。

 

 

なぜなら、五月人形は子どもの身代わりとなって、災いから守る盾となるので、お下がりを使うという事は今まで人形が子どもの盾となって受け止めていた「厄」まで受け継ぐことになってしまい縁起が悪いからです。

 

 

例えば、神社で購入するお守りは使わなくなったからと言って、ほかの人に譲ることってないですよね。その1年間の厄を引き受けて守ってくれた後は、大晦日や新年に神社に持って行って供養してもらいます。

 

 

 

ですから、親子だからお下がりで良いと考えないで、新しい五月人形を用意しましょう。【ひとり一飾り】という言葉があるように、パパの五月人形はあくまでパパの物です。お子さんにはお子さん用の五月人形を買わなくてはいけないのです。

 

 

ひとり一飾りの考え方は、新しく生まれる兄弟についても同じ事が言えるので、子ども1人につき1つ購入しなければいけません。なので兄弟が今後増えそうなご家庭は、コンパクトサイズの五月人形を購入されてはいかがでしょう。五月人形を飾る場所が無くては困りますから、たくさん飾れるコンパクトなものが良いでしょう。

 

 

スポンサーリンク

五月人形は受け継ぐより買い換えるべき?

上記の通り、五月人形を受け継いだり、兄弟で兼用にするのはやめましょう。買い換えるというよりは、新たに産まれたお子さんの為に五月人形を購入しなければいけません。

 

 

ただ、大事にとっておいた五月人形を処分するのが気が引けるのなら、自分の五月人形をお子さんの分と一緒に飾ってもOKです。

 

 

お下がりはダメですが、子どもの五月人形と一緒に自分の物も飾って、お子さんの初節句のお祝いにパパの五月人形が花を添えるのは素敵ですね。また五月人形は、昔と今でデザインや色味などが異なります。昔の力強く豪快な人形と、現代の柔和でかわいらしい人形が並んで飾られているのも時代を感じる事が出来るので、面白くて良いですよね。

 

 

自分の五月人形を今でも大事にしているという事実は、お子さんにも良い影響を与えるでしょう。そして、その五月人形を大事に保管していたおじいちゃん・おばあちゃんに対しても、尊敬の気持ちを持つようになるでしょう。

 

 

スポンサーリンク

五月人形の捨て方や処分方法は?

引っ越しや、子どもの成長でパパの五月人形を飾る場所が無くなってしまった時などは、お寺で供養してもらうのが良いでしょう。

 

 

理由としては、日本では特に昔から大切にしてきたものに魂が宿るとされていて、その魂をお焚き上げによって焼くことで浄化され、天に還っていきます。長年お世話になり、役目を終えた愛着のある五月人形に感謝の気持ちを込めて供養しお別れをしましょう。

 

 

具体的には、人形供養には3,000円〜10,000円ほど費用は掛かります。また、お寺で供養する以外に時折全国の神社で人形の供養をする事があります。代表的なものに、明治神宮にて年に1度【人形感謝祭】が開催されています。全国から様々な人形が持参されて、お祓いを行っています。

出典 明治神宮人形感謝祭

 

明治神宮 人形感謝祭
日時 
令和4年10月2日(日)9時〜15時
場所 東京都渋谷区明治神宮本殿 雨天決行
問い合わせ先電話番号 03-3861-8891

 

新型コロナの影響もあり、感染防止対策をして実施される予定ですが、開催の可否等詳細については事前に問い合わせていただくのが良いでしょう。

 

こちらでは過去に持ち寄られた人形の中で、特に歴史的、文化的に価値のある人形の展示も行われています。

 

 

意外と自分の両親からお下がりを使ってはどうかと勧められることがあります。きれいに保管していたご両親からすれば、孫に受け継いでほしいようですが、お下がりだけはやめておきましょう。

五月人形が守ってくれていた自分の災いが、子どもに受け継がれるなんて嫌ですよね。ですから、お子さんには新たに五月人形を買ってあげて、端午の節句のお祝いをしましょう。

 

こちらの記事もオススメです。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました