夏至は何する?食べ物は何食べる?お風呂はゆず湯?楽しみ方を紹介

季節・イベント
スポンサーリンク

今年の夏至は2022年6月21日になります。

 

 

そもそも夏至は何をする日か知っていますか。冬至の日には南瓜を食べて、ゆず湯に浸かるのは良く知られていますが、夏至の日の楽しみ方について知らない人もいるのではないでしょうか。

 

 

ですから今回は夏至は何する?食べ物は何食べる?お風呂はゆず湯?楽しみ方を紹介していきます。

 

スポンサーリンク

夏至は何する?

冬至のように夏至に何するかというと、夏至にはお住まいの地域の行事食を食べたり、梅雨で雨が降っていなければなるべく外に出て太陽を浴びることをオススメします。

 

 

なぜかというと、1年で一番日が長い日=太陽のパワーが一番強い日なので、太陽の光を浴びることで禊になるからです。

 

 

具体的に、夏至にはフィンランドやスウェーデンなどの北欧や海外では、盛んに夏至祭が行われています。北欧では冬がとても長く、1日の日照時間が数分という日もあるので、この夏至祭は短い夏の訪れを祝い楽しむ重要なイベントですよ。

 

 

日本では、夏至にそこまで特別な意味合いはない、と思っている方も多いかもしれません。しかし、梅雨シーズン真っ只中の夏至の晴れ間はかなり貴重なので、夏至に何するか分からない人は是非夏の訪れを肌で感じてみて下さいね。

 

スポンサーリンク

夏至に何食べる?

夏至に何食べるか分からない、またはお住まいの地域の行事食がない場合は、夏至に【冬瓜(とうがん)】を食べてみるのをオススメします。

 

 

理由としては、この冬瓜には水分がたくさん含まれていて、夏バテしやすい時期に食べると、夏バテを起こさず元気に過ごせるからです。冬という漢字を使っているので、冬に食べるイメージが先行しますが、冬瓜はウリ科の食べ物で夏に旬を迎えます。

 

 

他の地域での行事食の具体例としては、

・関西地方 タコ
・奈良県 半夏生餅(はんげしょうもち)
・京都府 水無月という名の和菓子
・愛知の一部の地域 無花果(いちじく)田楽
・三重県 ミョウガ
・福井県 焼き鯖

主にこれらの地域の行事食は、半夏生(ハンゲショウ)と言われる夏至から11日目の7月の初めに食べられます。ちょうどその頃は田植えの時期なので、その労いや疲れを癒すための食べ物になりますね。

 

 

夏至に何を食べるか決めていない、分からない方は是非冬瓜を食べて夏バテを防ぎましょう。特に鶏ひき肉と煮て、そぼろあんかけのように食べるレシピがオススメですよ。

 

スポンサーリンク

夏至に何風呂に入るの?

特に夏至の日に決まったお風呂に入る習慣はありません。しかしながら、一説によると『菖蒲湯(しょうぶゆ)』というものが存在します。

 

 

なぜかというと、菖蒲湯といえば、通常端午の節句でその湯に浸かる行事が有名です。しかし旧暦では夏至は5月だったので、雨が多く気候が不安定な5月は病気や災厄が増え、その悪鬼や邪気を祓い無事に乗り越えるために夏至にも同じ事をしていました。

 

 

具体的な効能としては、リラックス効果や血行促進効果が期待できますよ。そのため。肩こりや腰痛を予防するようです。

 

 

しかしながら、基本的にはこどもの日の行事なので、夏至の時期にはスーパーなどの店舗に菖蒲を置いていない可能性が高いです。もし夏至に菖蒲湯に浸かりたい場合は、事前にネット通販で手に入れるのが良いでしょう。

 

 

冬至だとゆず風呂に入る風習はよく知られていますが、夏は特にお風呂に何かを入れるという風習はありません。今回紹介した菖蒲湯に興味のある方は是非試してみて下さいね。

 

夏至の楽しみ方は?

調べてみると夏至をお祝いするお祭りを行う地域があるようです。そこは「三重県」です。二見興玉神社では夏至祭りが行われます。夫婦岩があり有名な場所で人気スポットでしたよ。ぜひ夏至の時期に行ってみてくださいね。

観光三重HP

 

夏至は何する?食べ物は何食べる?何風呂?風習の楽しみ方を紹介についてまとめてみました。

関連記事
夏至2022はいつ何日?どんな日?子どもに簡単に伝えるには?

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました