セレモニースーツダサくて着たくない?おしゃれな着こなしは?

季節・イベント
スポンサーリンク

卒園・卒業・入園・入学と春は子供たちにとっても親にとっても新しい門出を迎える大切な季節ですよね。

 

 

身長が低いから似合うものがない・スタイルがよくないからモデルさんのように着こなせないなど、セレモニースーツに限らずスーツは着こなしが難しい服です。

 

 

今回はセレモニースーツをダサくて着たくないと思っている方へ着こなし方さえ把握できれば綺麗に着ることが出来るので、オススメの着こなし方を紹介しますね。

 

スポンサーリンク

セレモニースーツがダサくて着たくないと思うのはなぜ?

卒園式や入園式でセレモニースーツがダサくて着たくないという方が一定数います。

 

その理由としては、下記の通りです。

・セレモニースーツは古臭いしババくさいイメージがある
・自分が着ても服に着られている感が強く出てしまい似合わない
・コサージュをつけるとダサく感じてしまう
・ツイード素材のセレモニースーツが老けたように見える

 

最近ではセットアップやパンツスタイルも主流になってきたので、今までのフェミニンなイメージよりもおしゃれで洗練されたスタイルにもすることが出来ますよ。

VERYより抜粋

 

卒園式や入園式はお子さんの大切な節目の式典です。セミフォーマルな服装で出席すべきなので、やはりセレモニースーツのような華やかもありつつ、フォーマルさもある服装で行くべきでしょう。

 

スポンサーリンク

セレモニースーツの着こなし方

セレモニースーツの着こなし方で一番大切なのは全体のバランスなので、決してセレモニースーツがダサいという訳ではありません。

 

卒園式や入学式はお祝いの式典なので、地味すぎても相応しくないですし、逆に派手すぎても浮いてしまいます。やはり品良くバランスが取れている格好がベストですね。

 

具体的にどのようなセレモニースーツを購入すべきかを説明していきます。

 

セレモニースーツはセット販売が○

コーディネートが面倒、苦手で着こなせるか分からないママさんにオススメなのは、2WAYタイプのものになります。

 

ブラウス・ジャケット・2枚の異なったスカートがセットになっているセレモニースーツが沢山販売されているので、2タイプのスカートの使い分けで卒園式と入学式で雰囲気を簡単に変えることが出来ますよ!

 

また、ジャケット2種類・ブラウス・パンツの2WAYタイプのセレモニースーツもありますので、卒園・入学など場面でジャケットを使い分けて着ることで、いつも同じものを着ている感もなくなりますし、印象をガラリとチェンジ出来る優れものです。

 

今あるものを活かしつつ雰囲気を変えたい場合は、思い切ってジャケットだけ新たに購入しても良いでしょう。スカートやパンツも単品で販売されているので、画像のようなフレアスカートやペンシルスカート、レース素材のスカートなど形を変える事で組み合わせも無限に広がりますね。

 

VERYより抜粋

 

インナーは華やかで明るい色のブラウスを

普段からスーツを着用していたり、既に何着か持っているママさんは、あえて購入するのも悩みますよね。スーツは持っているけれども華やかさが足りない…と感じている場合には、インナーを変えてみましょう。

 

なぜならインナーをワイシャツからブラウスに変えるだけでも堅いイメージから上品な印象になるからです。

 

具体的な例をいくつか挙げるとダークカラーのスーツの場合は、インナーをフリル付きのブラウスなど襟のないものを選ぶと顔回りがスッキリとして簡単にエレガントな印象になります。また、ワイシャツやブラウスの色を画像のような薄いピンクに変えるだけでも明るい雰囲気になるのでオススメです!

VERYより抜粋

 

普段使いをしているスーツをセレモニースーツのように着こなす上で1番必要なのは華やかさです。

 

アクセサリーは必ず1つは身に着けましょう

コサージュやブローチ、パールネックレスなどで首元・胸元に華やかさを加えることでスーツが格段とおしゃれに見えるので必ず1つは身に着けるようにしましょう。

 

その理由として、コサージュには子どもの成長をお祝いする意味があるからです。またダークトーンなスーツだとアクセサリーで明るさをプラスしないと、お祝いの式典の服装としては相応しくなくなってしまいます。

 

実際にネットなどで数パターンの着こなしやアクセサリーのバランスを見て、真似してみましょう。

 

また、それぞれの地域や学校・園によってしきたりのようなものもあるので、先輩ママ達や自分の親に相談しながら選ぶことも大切です。

 

セレモニースーツは着る機会が限られているので、着こなし方で悩むママさんも多いでしょう。あまり選択肢がない時には、アクセサリーや髪型をアレンジして華やかさを取り入れましょう。

 

こちらの記事もオススメです。

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました